稼ぐ

【ローリスク・ハイリターン投資戦略】仮想通貨でアービトラージ(裁定取引) 入門編1

みなさんは、積極的に資産運用しているでしょうか、それとも、銀行に大事に預金しているでしょうか。

投資して資産を増やしたいけど、自分の大事な資産をリスクにさらしたくはない。

でも、そんな都合の良い投資方法があるわけがないと思いますか?

いいえ、そんなことはありません。

今回の記事では、超ローリスクな投資戦略である、アービトラージ(裁定取引)について

簡単に解説したいと思います。

決して怪しい話ではないことは、お読みいただければわかると思いますので、これから資産運用をお考えの方はぜひ最後までご覧ください。

アービトラージ(裁定取引)とは何か?

アービトラージという言葉は、聞いたことがあるでしょうか。

アービトラージの意味について、wikiペディアを引用してみましょう。

裁定取引(さいていとりひき、Arbitrage)とは、金利差や価格差を利用して売買し利鞘(りざや)を稼ぐ取引のこと。サヤ取り(鞘取り)ともいう。

出展:wikipedeia

サヤ取りと言われることもあります。

でもこれ以降は、もう少し視野を広げて広義の意味で以下のように考えたいと思います。

同じ商品が別の市場で異なる価格で取引されているときに、割安な市場で買い、割高な市場で売ることで、利益をえること。

例えば、近所のスーパーに買い物に行く前に、新聞の折り込みチラシで玉子の値段を比較したことはないでしょうか。

新しいパソコンがほしいときに、価格ドットコムのウェブページを見て、どこで一番安く購入できるか見たことはないでしょうか。

世の中には、同じ価値のモノがいろいろなところで、それぞれ違う値段で売られていることが日常的にありふれています。

要は、そういった価格差を探し出して、利益の源泉にする行為が広い意味でのサヤ取りと言えるわけです。

でも、世の中にそんなにおいしい話があるでしょうか。

世の中にサヤはあふれている

サヤ取りなんておいしい話、そんなにゴロゴロ転がってないだろうと思うかもしれませんが、そんなことはありません。

何故なら、安く買って高く売るというのは商売の基本だからです。

例えば以下のようなものがあります。

本やマンガのセドリ

海外の安い製品を輸入して日本で売るビジネス

本のセドリを例に説明すると、ブックオフでセット売りしている人気のあるマンガが、実はアマゾンやメルカリなどでは、その値段よりも高く売れる場合があります。

そのためには、本やマンガの価値を知っていて、それが高く売れるということも知っている必要があります。

実際には、価格をチェックするセドリツールがあったりしますが、知識やセンスは必要になってきます。

なぜサヤが生じるか?

サヤは何らかの理由により生じる、と書きましたがどんな理由があるでしょうか。

具体的な例をあげてみます。

情報・・・ネットで200円で売れるものが○○で100円で買えるという情報格差

空間・・・日本で1万円で売れるものがタイで1000円で買えるという空間格差

時間・・・株式の現物と先物の価格はいずれ同じ価格に収束するという時間格差

上に書いたように、サヤが生まれるには理由がありますが、基本的に情報・空間・時間などの格差のもとに、価格にサヤが生まれていると考えられます。

そして、経済学の基本概念「一物一価の法則」に則って、格差が収束すればその価格差も収束します。

逆に言えば、空間的な格差のように収束しないものがあれば、価格差も収束しません。

仮想通貨取引のアービトラージとはどんなものか?

仮想通貨の取引は、2017年から2018年にかけてブームになり、その後の相次ぐ取引所のハッキング事件を機に収束してきており、2019年7月現在は少し活況を取り戻しつつあるといった状況です。

仮想通貨の取引には、アービトラージは使えるでしょうか。

仮想通貨の売買をするためには、仮想通貨の取引所(株でいえばネット証券会社のようなもの)に口座開設をするのが一般的な方法ですが、この取引所で売買されている仮想通貨の価格は取引所ごとに異なります。

つまり、同じ仮想通貨1単位の値段は、日本や世界中にある沢山の取引所において、すべて異なる価格で取引されているということになります。

例えば、ビットコインを売買できる2つの取引所AとBで、その価格差を比較してグラフにしたら、以下の図のようになったとします。

上の図を見ていただくとわかるように、裁定タイミングのときにビットコインの価格差が広がっています。

でも、取引で売買できるビットコインは同じものなので、取引所Bで購入して取引所Aで売却すれば、その価格差が収益になります。

まとめ

いかがでしょうか。

仮想通貨のアービトラージの手法について要点をまとめておきます。

・同じ商品が異なる価格で売買されているところにサヤがある

・仮想通貨の取引所は、それぞれ異なる価格で売買されている

・仮想通貨を割安な取引所で購入、割高な取引所で売却すると利益がでる

次回は、仮想通貨のアービトラージについて具体的に方法や注意点を解説します。