稼ぐ

【仮想通貨アービトラージ】アービトラージ(裁定取引)ボットにおけるスワップポイントの重要性

仮想通貨の取引所には、現物取引の他に、信用取引、先物取引、FXなどのサービスがあることをご存知だと思います。

仮想通貨の世界でアービトラージを行う場合、これらのサービスの性質やルールの違いについて、詳しく理解したうえで、売買するためのボットの仕様に反映しなければなりません。

本記事では、仮想通貨FXのスワップポイントについて、その役割を理解した上でアービトラージボットに仕様を反映することの重要性ついてご説明します。

本記事でわかること

  • 仮想通貨FXにおけるスワップポイントの役割
  • アービトラージボットの仕様にスワップポイントを反映する重要性

そもそも仮想通貨FXとはなにか?

そもそもFXとは「Foreign Exchange」の略で「外国為替証拠金取引」のことをさします。

たとえば、日本円と米ドルなどの通貨を売り買いして、発生する差額によって利益をねらう取引です。

仮想通貨は法定通貨ではないので従来のFXとは違いますが、日本の仮想通貨取引所では一部の金融派生商品としてFXという名前が定着しています。

仮想通貨FXは、仮想通貨の現物、信用、先物の取引とは明らかに区別された別のサービスです。

仮想通貨FXにもスワップポイントがある?

FX(外国為替証拠金取引)のスワップポイントとは意味合いが違いますが、仮想通貨FXにも「スワップポイント」と呼ばれるものがあります。

名前は同じですが、その役割はまったく「似て非なるもの」です。

仮想通貨FXのスワップポイントは、取引所によって仕組みが変わってきますが、だいたい以下の2パターンになります。

パターン1.取引が約定したタイミングでもらえたり、支払ったりする
パターン2.一定時間ごとに、そのときのポジションに応じて、もらえたり支払ったりする

売り・買いどちらでスワップポイントがもらえるのか・支払うのかは、取引対象の仮想通貨の値動きによって変動します。

また、スワップポイントの大きさは、取引所のルールによって一定の場合もあれば、変動する場合もあります。

少し具体的な例で見てみましょう。

たとえば、現物のビットコインが100万円とのきに、ビットコインFXが99万円で取引されているとします。

このとき発生するスワップポイントは、以下のように基本的には「取引参加者同士でスワップポイントのやりとり」が発生します。

・買いポジションをもっている・・・スワップポイントがもらえる
・売りポジションをもっている・・・スワップポイントをしはらう

そのため、スワップポイントは取引所の手数料とは別のものです。
※ビットフライヤーのように、スワップポイントの一部を手数料として徴収している取引所もあります。

仮想通貨FXの価値の裏付けはなにか?

スワップポイントの役割について考える前に、仮想通貨FXの価格や価値について先にご説明します。

みなさんは、仮想通貨FXで仮想通貨を売買するときに、その売買している仮想通貨の価値について考えたことはあるでしょうか。

ここでは、ビットコイン現物とビットコインFXの取引を例としてとりあげてご説明します。

ビットコイン現物の取引であれば、1ビットコイン分のお金(日本円)を出せば、代わりに1ビットコインの現物を受け取ることができます。

当然ですが、購入したビットコインは、ほかの取引所に移動したり、自分のウォレットに移動することもできます。

お金と同じ価値のビットコインを受け取れるので「等価交換」になります。

しかし、ビットコインFXの場合は、まったく状況が違います。

お金を出してもビットコインの現物を受け取ることはできません。

ビットコインFXを購入したときに起こることといえば、取引所の自分の口座に買いポジションがデータとして記録されるだけです。

つまり、売買するビットコインFXそのものには、何の価値もない電子データというわけです。電子ゴミといっても過言ではありません。

ビットコインFXには、なんの価値の裏付けもないことについて、だれも気が付かなければいいかもしれません。

しかし、賢い人はやがて、このビットコインFXとは何なのか?ビットコイン現物と同じだけの価値があるのか?ということに気が付きます。

そうなると、ビットコインFXの価格はビットコインの価格と連動しなくなってしまって、大暴落することになります。
※国の信用で発行されている貨幣が、国の信用とともに価値を失うことと全く同じです

以上のことから、仮想通貨FXの取引では、取引する通貨(データ)自体には価値が存在しないことがわかります。

それでは、仮想通貨FXの価格が現物と連動するためにはどうすればよいでしょうか?

ここで、スワップポイントが大きな役割を果たすことになります。

仮想通貨FXのスワップポイントの役割

仮想通貨FXでは、なぜスワップポイントという仕組みが必要なのでしょうか。

仮想通貨の取引所が、仮想通貨FXにスワップポイントを導入している目的はただひとつです。

それは、「仮想通貨のFXと現物の価格と連動させる」ことにあります。

スワップポイントの役割は、仮想通貨のFXと現物の価格と連動させること!

ビットコイン現物の取引では、価値がある現物を支払うお金の対価として受け取ることができますが、ビットコインFXではそれがありません。

本来なんの価値も無いビットコインFXの価格を、ビットコインと連動させるための手段がスワップポイントです。

スワップポイントは、ビットコインFXとビットコイン現物の価格の差を縮める方向のポジションを持っているときにプラス(利益)、その逆のポジションを盛っているときにマイナス(損失)となります。

たとえば、ビットコインの現物が100万円、ビットコインFXが99万円だった場合

・ビットコインFXの買いポジション・・・スワップポイントがもらえる
・ビットコインFXの売りポジション・・・スワップポイントをしはらう


ということになります。

つまり、現物とFXの価格差が広がったときは、価格差が縮まるような取引をするインセンティブ(動機)が働きます。

その結果として、現物とFXの価格差はやがて収束することになります。

アービトラージをするうえでのスワップポイントの注意点(アビトラボット作成時に考慮事項)

仮想通貨のアービトラージは、ビットコインなどの仮想通貨の取引所間の価格差(価格のゆがみ)を利用して、利益を得る取引手法です。

仮想通貨FXのスワップポイントは、仮想通貨FXの取引価格や収益に影響を与えるので、アービトラージをするうえでは必ず考慮しなければなりません。

アービトラージをするなら仮想通貨FXは狙い目

仮想通貨FXの取引価格は、スワップポイントの影響を大きく受けるので、現物の仮想通貨の取引所間の価格差(さや)よりも大きくなる傾向があります。

アービトラージは、この価格差(さや)が大きければ大きいほど儲かりますので、仮想通貨FXはアービトラージをするときのファーストチョイスになります。

さらにいえば、スワップポイントの仕様は取引所によってかなり違いがあるので、それぞれの取引所の仕様を把握して自動売買ボットの仕様に反映する必要があります。

そのため、仮想通貨FXのほうがアービトラージボットを作成するうえで、参入障壁が高くなりますのでブルーオーシャンになりやすいです。

スワップポイントをアービトラージの利益の源泉とする

仮想通貨FXは、スワップポイントのせいで価格差(さや)が発生しやすいと書きました。

しかし、注意しなければいけない点があります。

仮想通貨FXの取引価格は、スワップポイントの影響を直接受けます。そのため、売買するときの価格にもスワップポイントをリアルタイムに反映した価格でなければなりません。

つまり、取引所ごとのスワップポイントのルールを完全に理解して、アービトラージボットの仕様に組み込まなければなりません。

逆にいえば、スワップポイントの仕様をきっちり組み込むことで、ほかの取引参加者を出し抜ける可能性があるといえます。

仮想通貨FXでは、「見た目の価格差がアービトラージのサヤではない」ありません。真のサヤは、スワップポイントを反映する必要があります。

国内の仮想通貨取引所のスワップポイントの例

国内の仮想通貨取引所のなかで、FXサービスを提供している代表的な取引所について、かんたんにご説明します。

ビットフライヤーFX

ビットフライヤーは、SFD(Swap For Difference)と呼ばれる仕組みを導入しています。

SFDは、現物とFXの取引価格が一定の水準以上乖離しているときに、FX取引の約定ごとに発生します。

取引するその瞬間の現物とFXの価格差によって、スワップポイントの与奪が決まる、スワップポイントが発生するかどうかの境目の価格には常に自動売買ボットが暗躍しています。

ビットフライヤーFXのスワップポイントは、あるていど現物とFXの価格差がないと付かないので、価格差が収束しにくい仕組みになっていて、実際に収束しません。

そのため、ビットフライヤーFXの仕組みがいまのままであれば、アービトラージには不向きといえます。

ザイフAirFX

ザイフにもAirFXというFX取引があります。

ザイフの場合は、2時間おきに保持しているポジションによってスワップポイントが与奪されます。

直近1時間の現物の出来高加重平均を基準価格とFXの注文状況(板)によって、スワップポイントの向きと大きさが決まります。

ザイフの場合は、2時間ごとにスワップポイントが決定するので、その時間の境目(偶数時間)には、自動売買ボットによるスワップ攻防戦があります。

ザイフのスワップポイントは、2時間ごとに与奪されるうえに、最大で取引価格の0.037%と大きいのが特徴です。

そのため、現物とFXの価格が収束するインセンティブは非常に大きくなります。

ですから、ザイフの場合は、現物とFXの価格差を利用したザイフ内でのアービトラージも可能となります。

ただし、ザイフは過去のハッキング事件を契機に取引量が減ってしまっているので、アービトラージをする機会(裁定機会)が減ってしまっているのが残念なところです。

今後ザイフが新規口座開設を再開して、取引所としての活気を取り戻すことができれば、アービトラージをするのに適した場になります。

GMOコインFX

GMOコインにもFXサービスがあります。

しかし、こちらのFXにはスワップポイントは存在しません。その理由は、取引参加者による注文によって価格が決まる取引ではないからです。

ビットフライヤーやザイフのFXは、取引参加者の注文を板に並べて取引をする仕組みです。

それに対してGMOコインFXの場合は、仮想通貨の価格を取引所が決めていて、売りと買いの価格のみが提示される形式です。(外国為替証拠金取引と同じです)

GMOコインFXで仮想通貨の価格を決めているのは、あくまでも取引所であるGMOのシステムなので、ビットコインFXの価値の裏付けがなくても価格が暴落する心配がないわけです。

ですから、GMOコインFXでアービトラージするならスワップポイントを考慮する必要はなくなるのですが、そもそもGMOコインFXは自動売買ボットを利用するために必須のAPIを公開していませんので、アービトラージの候補には入りません。

ですが、GMOコインにはFXとは別でレバレッジ取引というサービスがありますので、そちらでアービトラージをすることができます。

まとめ

本記事では、仮想通貨FXのスワップポイントの役割と、アービトラージをするうえでの考慮事項についてご説明しました。

これから仮想通貨のアービトラージをされるかたの参考になれば幸いです。

  • 仮想通貨FXのスワップポイントは、現物の価格と連動させる役割がある
  • 仮想通貨FXのスワップポイントは、アービトラージの利益(さや)の源泉になる