仮想通貨投資

【仮想通貨DeFi】Avalancheチェーンへの送金手順

Avalancheはブロックチェーンの一種ですが、ほかのチェーンと比べて、高速でガス代が安いというのが魅力です。

そんなAvalancheが最近かなり盛り上がってきてるので、この波に乗っておきたいですよね。

でも、いざ資金をAvalancheに資金を移動しようと思っても・・・

「資金の移動方法がわからない」

「移動するのに手数料がかかるの?」

といった疑問があって、進められてないのではないでしょうか。

本記事では、取引所からAvalancheに資金を移動する手順についてご説明します。

ブログ管理ヤギ

実際の画面を見ながら手順を紹介します!

本記事でわかること

  • 取引所からAvalancheへの送金手順

▼ステーブルコインの運用は、こちらの記事で解説しています。

【概要】取引所からAvalancheへの送金手順

Avalancheで仮想通貨を運用するためには、資金を送金する必要があります。

Aavlancheへの送金方法にはいくつかありますが、本記事では手数料(ガス代)が安い「取引所からAvalancheへの送金」方法について紹介します。

本手順の前提条件

この手順では、海外取引所Binance(バイナンス)経由でMetaMaskに送金する手順としていますが、BinanceとMetaMask自体の操作方法について細かくは説明しません。

Binanceなどの取引所とMetaMaskの操作は十分に理解している前提とします。

何らかの理由により資金を失っても、責任を負えません。

各操作については十分に理解したうえで、自己の責任において実施してください。

Avalancheへの送金手順

全体の流れは以下のようになります。

  1. MetaMaskのネットワークを設定
  2. Avalanche Walletを作成
  3. BinanceでAVAXトークンを購入
  4. BinanceからAvalanche Walletに送金
  5. Avalanche WalletでX-chainからC-chainに移動
  6. Avalanche WalletのC-chainからMetaMaskに送金

ざっくり言うと、取引所でAVAXトークンを購入して、Avalanche Walletを経由して、Metamaskに送金という感じですね。

ブログ管理人

ちょっと面倒だけど、一回やれば慣れるよ!

AVAXトークンは、ETHチェーンの$ETH、BSCの$BNB、Polygonチェーンの$MATICと同じようにガス代として使われるので初めに送金する必要があります。

Avalanche Wallet内でチェーンを移動するところは分かりにくいかもしれません。

Avalancheチェーンには用途ごとにX-chain(Exchange)、C-chain(Contract)、P-chain(Platform)というように分かれているので、途中で変換する必要があるわけです。

最終的にMetaMaskまで送金できたら、あとはAVAXトークンをほかのトークンに交換すればOKです。

  • 運用資金を一旦$AVAXトークンにして移動する
  • チェーンをまたぐためにAvalanche Walletを経由する

【解説】取引所からAvalancheへの送金手順

上で説明した手順の流れに沿って画面付きで解説していきます。

STEP1.MetaMaskのネットワークを設定

すでにMetaMaskを利用していて、操作方法を理解している前提で解説します。

はじめに、MetaMaskのネットワークにAvalancheのC-chain用のネットワークを追加します。

Avalanche C-chainのネットワーク設定

Network Name: Avalanche C-Chain

New RPC URL: https://api.avax.network/ext/bc/C/rpc

ChainID: 0xa86a

Symbol: AVAX

Explorer: https://cchain.explorer.avax.network

MetaMaskのネットワーク設定画面では以下のように入力します。

画面ではチェーンIDが43114になっていますが、0xa86a(16進数)=43114(10進数)となりますので、意味は同じです。

MetaMaskのネットワーク設定画面

ブログ管理人

事前準備のひとつめが完了です

STEP2.Avalanche Walletを作成

事前準備2つ目では、Avalanche Walletをつくります。

Avalanche Walletは、最終的にMetaMaskに資金を送るための中継として必要になります。

MetaMaskウォレットを作ったことがあれば、むずかしいことはありません。

以下のリンクか公式SNSなどのリンクからアクセスしてください。

>>Avalanche Wallet

手順1.Avalanche Walleにアクセス

画面右上で英語から日本語に変更できます。

(以降の画面は日本語表示)

画面右側の「新規ウォレットの作成」をクリックします。

手順2.ウォレットの作成

下の画面のようにキーフレーズを生成する画面に移動します。

キーフレーズを大事に保管しておきましょう。

画面の指示に従ってすすめば迷うことなくウォレットがつくれます。

ブログ管理人

ここはまだ、事前準備だよ!

手順3.パスワードの設定

Avalanche Walletを作成したら、画面の左下の「Save Account」からパスワードを設定しておきましょう。

これでAvalanche Walletの作成が完了です。

パスワードを設定したら、ログインできることを確認しておきましょう。

STEP3.BinanceでAVAXトークンを購入

ウォレットの事前準備が完了したので、いよいよ資金の移動をしましょう。

Avalancheで利用する当面のガス代+運用資金を、すべて$AVAXトークンに交換して移動します。

そのためには、まずは$AVAXが購入できる取引所口座を開設してください。

$AVAXの購入が可能な取引所には、Binance(バイナンス)、KuCoin、Gate.ioなどがあります。

すきな取引所を利用してOKです。

トークンの購入手順は、それぞれで異なるので画面での説明は省略します。

Binanceの口座を持っていない場合は、以下のリンクから5分で開設できます。

>>バイナンス(Binance)公式ページ

そもそもBinanceに運用資金がない場合は、さきに国内取引所からBinanceに送金してください。

ブログ管理人

GMOコインは手数料がダントツで安いのでおすすめ!

STEP4.BinanceからAvalanche Walletに送金

STEP3で用意した$AVAXをAvalanche Walletに送金します。

送金先のアドレスは、Avalanche Walletのダッシュボードで確認できます。

Avalanche Walletのダッシュボード

QRコードの横の文字列がウォレットのアドレスです。

ブログ管理人

正常に送金できていれば、数分以内にウォレットに届きます!

初めて送金するときは少額で試してみよう。

STEP5.Avalanche WalletでX-chainからC-chainに移動

Avalanche Walletに$AVAXが着金したら、X-chainからC-chainに移動します。

手順1.ダッシュボードの左のメニューから「Cross Chain」を選択

手順2.Cross Chainの画面でAVAXを移動

Destination ChainでC Chainを選んだら転送額を設定して確認ボタンをおします。

転送が完了したら、C-ChainのBalanceに$AVAXの数量が反映されます。

STEP6.Avalanche WalletのC-chainからMetaMaskに送金

Avalanche WalletからMetaMaskに送金します。

ブログ管理人

あと少しだよ。がんばろう!

手順1.ウォレットの右側のメニューから「送信」を選択

手順2.MetaMaskウォレットに送金

送信画面のSource Chainで「C」を選択、送金額を入力、宛先にMetaMaskのウォレットのアドレスを入力したら、CONFIRMをクリックします。

送金は数秒から数分以内で完了します。

手順3.MetaMaskウォレットの確認

MetaMaskのネットワークをAvalancheに切り替えて、$AVAXが着金していることを確認しましょう。

以上で手順が完了です。

手順4.PangolinなどのDEXで$AVAXをほかのトークンにスワップ

Avalancheチェーン上のPangolinなどのDEXで、$AVAXを好きなトークンに交換しましょう。

ただし、当面のガス代として$AVAXも少し残しておいてください。

ブログ管理人

お疲れさまでした!!

BSC/PolygonチェーンからAvalanche C-chainに送金する手順

Avalanche C-chainのウォレットにすでに$AVAXがある場合には、$USDCなどのトークンをBSC/Polygonなどのチェーンから直接おくることができます。

その場合は、AnySwapを利用します。

>>AnySwapへのリンク

ざっと手順を紹介しておきます。

まずは、MetaMaskをPolygonネットワークに切り替えてから、以下のようにAnySwapで送金設定をしてください。

AnySwapにMetaMaskを接続

AnySwapの左メニューから「Swap」を選択。下の画面のように、送金設定の画面が表示されます。

AnySwapでの送金設定

Fromには送金元のチェーンとトークンの種類を指定します。

以下の画面では、MATIC(Polygonチェーン)と$USDCトークンを設定していて、ToにはAVAX(C-chain)を指定しています。

なお、AVAXの$USDCは自動的に$USDC.eに変換されるので、MetaMaskには$USDC.eのコントラクトアドレスを追加する必要があります。

AvalancheのコントラクトアドレスはAvalanche Explorerで確認しましょう。

ブログ管理人

トークンのコントラクトを手動で設定しないと着金が確認できないので注意しよう!

まとめ

本記事では、取引所からAvalancheに資金を移動する手順についてご説明しました。

DeFiの世界は無限に広がっていくので、できることを増やしてチャンスに備えましょう。

▼ほかにもいろいろな仮想通貨の投資方法について紹介しています。