ビットコイン積み立て

【仮想通貨の積立投資】ビットコイン積み立て投資の運用成績を公開(2020年5月~2020年9月現在)

仮想通貨の取引で利益を出すためには、取引所のチャートとにらめっこしたり、値動きを1日中気にしなければならないと考えていませんか?

特に仮想通貨の値動きは激しいので、「値動きが気になって仕事に集中できない」「売ったり買ったりするタイミングがわからない」というあなたにおススメなのが、ビットコイン積み立てです。

ビットコイン積み立てなら、短期的な値上がりや値下がりを気にすることなく、長期的な値上がりに期待しながら、気軽に投資することができます。

本記事では、ブログ管理人が実際に仮想通貨積み立てを実践してみた運用実績を公開しつつ、積み立ての方法や注意点などのコツを解説していきます。

ビットコイン積み立てにご興味がある方は、ぜひご覧ください。

管理人ヤギ

仮想通貨は値動きが激しいからこそ、積み立てが適しているかもしれないね。

本ブログ管理人のビットコイン積み立ての運用実績!

ビットコイン積み立てを2020年5月から開始してから、2020年9月末現在までの運用実績を公開します。

運用実績サマリー

これまでの運用成績はこちら!

ビットコインの値動きがあまりないので、損益もトントンといった感じです。

累計購入金額: 50,000円

BTC評価額 : 53,209円

損益損益  : +3,209円

月ごとの運用実績

毎月の運用成績の推移を表とグラフで表してみました。

この表は右にスライドできます。

当月購入金額累計購入金額BTC現物時価総額評価損益
2020/510,00010,0000.01010,0000
2020/610,00020,0000.02019,641-359
2020/710,00030,0000.03136,1596,159
2020/810,00040,0000.03847,7667,766
2020/910,00050,0000.04853,2093,209

2020年7月末にBTCの価格があがってきたので、評価損益が少しだけプラスになっています。

ですが、まだまだ積み立てを始めたばかり!先は長い!

短期的な値下がりは気にしないで、継続していきましょう。

管理人ヤギ

積み立てって長い期間運用するつもりだから、短期的に下がっても全然気にならないんだよね。

ビットコイン積み立てで買っている商品

ビットコイン積み立てなので、購入している商品はビットコインです。

信用取引などではなく、現物のビットコインを購入しています。

海外の取引所を含めると、現在購入できる仮想通貨の種類は数千種類もあるといわれてますが、わたしはビットコインに投資しています。

ビットコインに投資する主な理由

  • 世界中の取引量で売買されている
  • 仮想通貨のなかで最も将来性がある(と思っている)
  • ほかの仮想通貨に比べると、値動きが比較的安定している
  • 自動積立サービスがある

仮想通貨のなかには、詐欺まがいのモノもたくさんあります。

ビットコイン以外の仮想通貨で積み立てをする場合は、特に信頼性や将来性について気を付けましょう。

管理人ヤギ

もちろん、ビットコインだって将来どうなるかわからないけどね。

ビットコイン積み立ての取引所は、手数料が無料のコインチェック一択

わたしは、国内の取引所であるコインチェックで、ビットコイン積み立てをしています。

ビットコインの積み立てサービスとは、かんたんに説明すると以下のようなものです。

  • 毎月(または毎日)一定の金額分だけビットコインを購入できる
  • 銀行口座やクレジットカードで自動的に決済できる
  • 積み立てたビットコインは、自由に売買ができる

日本国内でビットコインの積み立てサービスを利用できるのは、コインチェックだけです。

以前は、国内取引所のビットフライヤーやザイフにも積み立てサービスがありましたが、既にサービス終了、または中断しています。

積み立ては自動的に積み立てるのが良い理由

自動引き落としでなく、自分で手動で購入して積み立てする、ということならほかの取引所を利用することもできますが、おすすめしません。

なぜなら、毎月の決まった日に自分で購入するのは、手間がかかります。

さらにいうと、手動で購入しようとすると、短期的な値上がりや値下がりに惑わされてしまい、ついつい余計な取引をしてしまうことになるからです。

コインチェックの自動積み立てサービス

コインチェックの自動積み立ては、サービス内容が文句のつけようがないくらい良いので、自信をもっておすすめします。

※表は横にスライドできるよ→

サービス項目サービス内容
自動積み立て銀行口座からの自動引き落とし
積み立て手数料無料
売却手数料無料
最低購入額1万円以上
購入の一時停止管理画面からワンクリック

さらに、コインチェックには「貸仮想通貨」という面白いサービスがあります。

貸仮想通貨は、自分の仮想通貨をコインチェックに貸し出すことで、リターンを得ることができるサービスです。

貸仮想通貨サービスなら、最高で年率5%のリターンが期待できます。

自動積み立てでビットコインの値上がりに期待しつつ、貸仮想通貨サービスで年率5%のリターンを上乗せすることも夢ではありません。

▼貸仮想通貨サービスの比較はこちらの記事をご覧ください。

よくある質問

ビットコイン積み立てに関するよくある質問について、本ブログ管理人の個人的な考えも含めて回答します。

ビットコインなんて買って大丈夫ですか?

わかりません。

10年後に、ただのゴミになっているかもしれませんし、価格が上がって買わなかったひとが後悔しているかもしれません。

個人的には、デジタルゴールドとも呼ばれるビットコインは、金と同程度の時価総額になると考えていて、4000万円くらいまで値上がりすると妄想しています。

個人的には、将来の株価が10倍になる会社を探し当てるよりも、ビットコインの価格が10倍になることに賭ける方が、現実味があると考えています。

ビットコインが値上がりしてしまったのですが、どのタイミングで積み立てを始めればいいですか?

積み立てのコツは、いますぐに始めることです。

なぜなら、ビットコインの短期的な価格を先読みすることは、難しいからです。

「そろそろ暴落がくるかもしれない」なんて思っていたら、「そのまま1年後に3倍まで上がってしまった」ということも、十分あり得ます。

チャンスを逃したら、後悔しか残りませんね。

後悔しないためには、いますぐ積み立てを始めることをおすすめします。

毎月一定の金額だけビットコインを購入するような方法を、「ドルコスト平均法」といいます。

ビットコインの価格が高くなったら、購入できる数量が減りますが、ビットコインの価格が安くなったら、多くのビットコインを購入することができます。

目先の値上がりや値下がりのタイミングは誰にもわかりませんが、長い期間でドルコスト平均法によって積み立てをすることによって、自動的に購入価格が平均化されていきます。

すぐにドルコスト平均法で積み立てをすることで、自動的にちょうどよい平均的な価格で購入できるわけです。

管理人ヤギ

値下がりしたら沢山買えるからラッキーだと思えると、積み立て上級者ですね。

まとめ

本記事では、ビットコイン積み立ての運用実績をご紹介しています。

ビットコインが将来どうなっているか、未来のことはだれにもわかりません。

失っても良いと思える範囲で、ビットコイン投資をしてみてはいかがでしょうか。