ビットコイン積み立て

【貸仮想通貨】貸して増やす!仮想通貨のレンディングサービスができるおすすめ取引所(Coincheck、GMO、bitbankで比較)

仮想通貨のレンディング(貸仮想通貨)サービスというものがあるって聞いたけど・・・

  • なんだか怪しそう・危なそう
  • どんな仕組みなのかわからないので怖い

といったお悩みはないでしょうか。

本記事では、仮想通貨(暗号資産)のレンディング(貸し出し)サービス内容と、おすすめの取引所について詳しくご説明します。

本記事の対象読者

  • レンディングに興味がある
  • 手間を掛けずに仮想通貨を運用したい

仮想通貨のレンディング(貸仮想通貨)とは?

仮想通貨のレンディングとは、「貸仮想通貨」とも呼ばれるサービスですが、銀行の定期預金の仮想通貨版だと考えるとイメージしやすいです。

ユーザーは、自分の仮想通貨を取引所に貸し出します。あらかじめ決めた期間(満期)になると、利息を上乗せした仮想通貨が返却される仕組みになっています。

仮想通貨を売り買いして利益を上げるのと違って、購入した仮想通貨を預けておくだけで利益を上げることができるのが最大の特徴です。

レンディング(貸仮想通貨)は、自分の仮想通貨を取引所に貸し出して利息をもらう運用方法です。

実際にどれくらいの収益が得られるの?

レンディングサービスを提供している国内の取引所の中で、貸し出し利息が高いのはCoincheckの年率5%となります。

シミュレーションの例

たとえば、1ビットコインの価格が約100万円のときに「年率5%(1年)で1ビットコインを貸し出す」と、1年後には1.05BTCの受け取りになります。

そのときにビットコインの価格が変わっていなければ、105万円の時価総額で、運用益が5万円ということになります。

銀行の預金口座の利息が0.01%であるとすると、500倍の利回りで運用できることになります。

国内取引所のレンディングの年利は、最高5%のリターンです。

レンディングサービスを利用するメリット

ほったらかしで最大年率5%の利息が得られる

レンディングは、取引所に自分の仮想通貨を預けっぱなしにするので、ほったらかしでOKなのが特長です。

価格の上げ下げを気にする必要がなく、売買スキルがなくても運用できます。

仮想通貨の値上がり(キャピタルゲイン)との2重どりが狙える

将来の仮想通貨の値上がりを見込んでいる場合、頻繁に売買するよりも手元でガッチリ保管(ガチホ)しておくほうが、かえって利益があがることが多いものです。

そんなガチホ作戦をするなら、ただ持っているだけよりも取引所に貸し出しておいたほうが、最大年利5%で効率的に運用できるというメリットがあります。

仮想通貨の値上がり(キャピタルゲイン)とレンディングの利息(インカムゲイン)の2重どりを目指せるので、効率の良い運用方法であるといえます。

レンディングサービスのデメリット

貸している期間は自由に売買できない

仮想通貨を貸している期間は、自由に売買できないことはデメリットといえます。

中途解約できる取引所もありますが、手数料として徴収される金額を考えると得策ではありません。

仮想通貨の短期的な価格の上げ下げに惑わされずに、将来おおきく育つまで待つつもりで貸し出し期間の満期を待ちましょう。

取引所が破綻したときは元本が保証されない

仮想通貨を貸し出している取引所が破綻した場合は、貸し出した元本を失うリスクがあります。

レンディングのデメリットともいえますが、よく考えてみると仮想通貨の特別なリスクとはいえません。

たとえば、株式投資にも会社が倒産するという同じリスクがあるといえます。

そうはいっても取引所の破綻リスクは気になりますので、安心して自分の資産を預けるためには、貸し出す期間と取引所の財務状況を考えた上で、慎重に取引所を選びましょう。

取引所の破綻リスクはあるが、株式を購入したときの会社の倒産リスクと同じようなもの。

レンディングサービスはどんなひとに向いている?

「ガッチリ保管したい派」におすすめ

レンディングサービスが向いているのは、「仮想通貨の価格が将来値上がりすることを信じているひと」でしょう。

貸し出し中の仮想通貨は売買できないというデメリットがありますが、もともと売り買いしないで持っておくつもりの人にとっては、デメリットにはなりません。

国内の取引所のハッキング騒動による仮想通貨の流出事故は過去に何度かありましたが、セキュリティ対策も進んでいるので、そういったリスクは減ってきているはずです。

さらに、CoincheckやZaifのハッキングのときを振り返ってみると、被害にあったユーザーの仮想通貨は補償されましたし、取引所も破綻していないので、取引所の破綻リスクは高くないでしょう。

「積み立て派」にもおすすめ

仮想通貨の積み立てサービスなどを利用して、毎月すこしずつ買い増しをしているようなひとにもレンディングサービスは向いています。

「積み立て=長期保有」が基本なので、積み立てた仮想通貨を順次レンディングサービスで貸し出していくことで、単に通貨を保有しているのにくらべると運用結果は全く違ってきます。

たとえば、月1万円ずつ積み立てたビットコインを年率5%で10年間レンディングで運用し続けた場合どのようになるでしょうか?

仮にビットコインの価格が同じだったとしても約155万円(元本120万円、利息35万円)になります。
※かんたんのために税金を考慮せず

レンディングサービスの取引所比較

国内の取引所では、Coincheck(コインチェック)GMOコインbitbank(ビットバンク)の3社がレンディングサービスを提供していますので、サービス内容を比較してみます。

国内でレンディングサービスがある取引所

Coincheck、GMO、bitbankの3社でサービス比較

※スライドできる表→

CoincheckGMOコインbitbank
取扱通貨BTC、その他BTC、その他BTCのみ
プラン年率 5%(1年)
年率 4%(6ヶ月)
年率 3%(3ヶ月)
年率 2%(1ヶ月)
年率 1%(14日)
年率 3%(3ヶ月)
年率 1%(1ヶ月)
1年のみ
年率 3%(10BTC以上)
年率 2%(5〜10BTC)
年率 1%(1〜5BTC)
最小数量1万円相当0.1BTC1BTC
解約手数料解約不可受取予定の
貸借料の10%
貸し出し
資産の5%
取引所の
信用度

これら3社のサービス内容をもとに、どんな場合にどの取引所がおすすめか検討してみましょう。

対応通貨で選ぶならCoincheckかGMOコイン

ビットコイン以外のアルトコインで運用したいなら、CoincheckかGMOコインを選びましょう。

取り扱い通貨については各取引所のページで最新情報をご確認いただきたいのですが、ビットコイン、イーサリアム、リップルなどの主要な通貨は今後も利用できると考えてよいでしょう。

最大年利5%と手軽さで選ぶならCoincheck

本格的に長期運用するならCoincheckの年利5%(1年)プランが魅力的です。

プランの豊富さで見てもCoincheckが面白く、14日プランがお試し利用に向いています。また、最小貸し出し数量が1万円相当からというのもお手軽です。

中途解約の手数料を考慮するとGMOコイン

中途解約をするリスクを考慮すると、GMOコインも選択肢に入ります。

Coincheckは中途解約不可、bitbankは貸し出し元本の5%となります。

ですが、基本としては中途解約をしなくて済むように、価格の上げ下げを気にせず余剰資金で運用するようにしましょう。

取引所の信用度で選ぶならGMOコイン、次点でCoincheck

CoincheckはマネックスグループGMOコインはGMOグループなので、どちらも基盤はしっかりしていますが、2019年度の決算を見る限りでは、以下のようになっています。

  • Coincheckは営業利益は約27億円の損失
  • GMOコインの営業利益は約10億円
  • bitbankは、決算情報が開示されてない

財務状況を考慮すると、営業利益があってGMOグループでもあるGMOコインがもっとも信頼度が高いと考えられます。

ただし、Coincheckは2018年のハッキング事件のあとにマネックスグループに買収されたことを考えると、赤字は織り込み済みでのはずなので、赤字=危ないということもないでしょう。

ビットコイン積み立てとの合わせ技ならCoincheck

Coincheckには、ビットコインを毎月一定額ずつ積み立てるサービスがあります。

毎月ビットコインを積み立てることで、ビットコインの価格が上がるのを待ちながら、ただ放置するのではなく年利5%でレンディングをするというのは面白い運用方法ではないでしょうか。

▼ビットコイン積み立てについては、こちらの記事で詳しくご説明しています。

レンディングサービスおすすめの取引所

各取引所のサービス内容を比較すると、総合的にはGMOコインが優れています。

ただし、Coincheckはお試しでレンディングするのに適していますし、Coincheckの積み立てサービスとの合わせ技なら面白い運用になります。

bitbankのレンディングサービスは、いまのところ使うメリットが見当たりません。

まとめ

本記事では、仮想通貨のレンディング(貸仮想通貨)サービスについて、メリット・デメリットや取引所のサービス比較をしました。

今回の比較では、取引所ごとの長所がはっきりしているので、迷わずに選ぶことができるのではないでしょうか。

  • レンディングの利息ならGMOコイン
  • 最大利息なら年利5%のCoincheck
  • 積み立てサービスとの合わせ技ならCoincheck
  • 取引所の財務体質(信頼度)ならGMOコイン
  • bitbankは選択肢にならない