仮想通貨投資

【低リスク仮想通貨投資】デルタニュートラル戦略の取引所の選び方

仮想通貨投資でデルタニュートラル戦略をやってみたいけど・・・

  • どこの取引所で運用すればいいの?
  • 取引所はどうやって選べばいいの?
  • どうやって口座を開設すればいいの?

といった疑問はないでしょうか。

デルタニュートラルについて解説している記事やnoteがあっても、取引所の選び方について説明してくれているものは少ないです。

本記事では、デルタニュートラル運用をするために必要な取引所の選び方についてご説明します。

▶ デルタニュートラルについてよくわからない場合は、先に以下の記事をごらんください。

本記事の要約まとめ

  • 少額で運用を始めるなら、手数料が安いGMOコインが圧倒的に使いやすい
  • ビットコインを安く仕入れるためには、複数の取引所で口座を開いておこう
  • 海外の取引所選びのポイントは、「Funding Rate=利回り」の高さ
  • 過去のFuding Rateが圧倒的に高いのは「Bybit」

デルタニュートラル戦略に必要な取引所【国内・海外】

デルタニュートラル戦略で資産運用をするためには、以下の2種類の仮想通貨の取引所の口座が必要になります。

  • 国内の仮想通貨取引所の口座
  • 海外の仮想通貨取引所の口座

海外の取引所を使う理由

まず、デルタニュートラル戦略で運用するための収益源となるFunding Rateですが、これが付与される取引所は、いまのところおそらく海外の取引所のみになっています。

国内の取引所にも似たようなしくみはあります。たとえば、bitFlyerのSFD、ZaifのAirFXのスワップなどですが仕組みがすごく雑なうえに、デルタニュートラルのように都合よくショート側への金利支払いに偏ってくれません。

したがって、デルタニュートラル戦略では、Funding Rateが付与される海外取引所での運用が基本になります。

国内の取引所を使う理由

しかし原則として、海外の取引所に日本の銀行から直接お金を送金することができません。

そのため、国内の取引所に日本円を入金して、デルタニュートラル戦略に必要なビットコインを購入して、それを海外の取引所に送金する、という手順を踏みます。

デルタニュートラルでの運用をやめるときは、その逆に海外の取引所から国内の取引所にビットコインを送金して、ビット金を売却、日本の銀行口座に出金、という流れになります。

以上のように、銀行口座から海外の取引所に資金を移動するために、国内の取引所の口座を経由する必要があるのです。

ブログ管理人

国内と海外の取引所の選び方についてご説明します。

デルタニュートラル戦略に最適な国内取引所

まずは、デルタニュートラルに最適な国内取引所についてご説明します。

国内の取引所選びのポイント

デルタニュートラルにおける国内の取引所の役割は、「ビットコインを仕入れる」「海外の取引所に送金する」という2点です。

そのため、取引所選びのポイントは以下の3点になります。

  1. 現物の購入手数料が安い
  2. 仮想通貨の送金手数料が安い
  3. 銀行の入出金手数料が安い

少額でのお試し運用なら手数料が安いGMOコインがおすすめ

特に、デルタニュートラルでの運用を試しに少額でやってみる場合などは、手数料が高くて運用資金が削られてしまうと、始める前から気持ちが萎えてしまいますね。

ブログ管理人ヤギ

1万円分のビットコインで運用をはじめたけど、手数料だけで3000円かかるなんてこともあり得ます。資金が小さいときは、手数料は大事!

GMOコインなら仮想通貨や日本円の入出金が無料で、現物の購入手数料も安いのでおすすめです。

  • デルタニュートラルで運用するなら、まずは少額でお試し運用をしよう
  • 少額で運用を始めるなら、手数料が安いGMOコインが圧倒的に使いやすい

後から運用資金を追加するときに備えて複数の取引所を使う

試しで運用してみてよさそうなら、本格的にデルタニュートラル運用に資金を追加しましょう。

このときに重要なことは、手数料ではなくて「ビットコインを安く仕入れること」になります。

取引所によって数万円くらいの価格差がつくのはザラにあるので、少しでも安くビットコインを購入するために、いくつか口座を開いておくのが良いでしょう。

ブログ管理人ヤギ

運用資金が大きいときは、そのときに少しでも安くビットコインが買える取引所から買うのがポイント!

口座の開設には、数日から1か月以上かかるので、まとめて開設したほうが手間がかかりません。

以下のおすすめの取引所のなかで、優先的に口座を開くなら「bitFlyer」「Coincheck」「GMOコイン」あたりです。

  • 運用資金を増やすなら、ビットコインを安く仕入れること
  • ビットコインを安く仕入れるためには、複数の取引所で口座を開いておこう

デルタニュートラル戦略に最適な海外取引所

次はデルタニュートラル運用に最適な、海外の取引所の選び方についてご説明します。

海外の取引所選びのポイント

デルタニュートラル運用における海外の取引所の役割は、Funding Rateをもらって安全に運用をすることです。

そのため、取引所選びのポイントは以下の3点になります。

  1. 受け取れるFunding Rateが高いこと
  2. 取引所として信用できること・安定していること
  3. 使いやすいインタフェースであること

取引所の信用や使いやすさは大前提として、最も重要なポイントは、デルタニュートラル運用の利回りを決定する「Funding Rate」が高いことです。

ブログ管理人ヤギ

「Funding Rateが高い=高利回り」なので重要なポイントだね!

本記事では、信用できて使いやすい取引所として「Bybit」「Bynance」「Bitmex」の3つの取引所について、過去のFunding Rateの実績を比較してみました。

  • 海外の取引所選びのポイントは、「Funding Rate=利回り」の高さ

取引所ごとのFunding Rateの実績比較

「Bybit」「Bynance」「Bitmex」の3つの取引所について、以下の条件で直近3か月のFunding Rateを比較してみました。

前提条件

取引所:Bybit, Bynance, Bitmex

期間 :2021年1月~3月

通貨 :BTC

比較してみたグラフがこちら!

ブログ管理人ヤギ

オレンジ色の線(Bybit)のFunging Rateが高いように見えますね。

このグラフを「累積値」で見るとこうなります。

累積値で見ると違いが分かりやすいですね。明らかにBybitのFunding Rateが高い傾向があります。

こうして比較してみると、Funding Rateは取引所によってかなり違いがあることがわかりますね!

>>Bybit 公式ページ

BybitのFunding Rateは圧倒的に高い傾向がある

ちなみに、それぞれの平均値と累積値をまとめると以下の表のようになります。

▶この表は右にスライドできます

BitmexBybitBinance
平均/1回0.0396%0.0812%0.0458%
平均/1日0.1188%0.2437%0.1375%
累積値10.6956%21.9309%12.3728%

2021年1月から3月までのBTCという条件では、Bybitが平均0.08%以上、1日当たり平均では0.24%以上となりました。(年率換算で+88%)

Bybitのアカウント登録は、以下のリンクからも可能です。

>>Bybit 公式ページ

  • 過去のFuding Rateが圧倒的に高いのは「Bybit」

▶ デルタニュートラルのやり方・始め方については、こちらでくわしくご説明しています。

まとめ

本記事では、デルタニュートラル運用をするために必要な取引所の選び方についてご説明しました。

取引所選びは、デルタニュートラル運用のリターンを決める最も重要なポイントになります。

低リスク・高リターンを実現できる取引所を選ぶようにしましょう。

  • 少額で運用を始めるなら、手数料が安いGMOコインが圧倒的に使いやすい
  • ビットコインを安く仕入れるためには、複数の取引所で口座を開いておこう
  • 海外の取引所選びのポイントは、「Funding Rate=利回り」の高さ
  • 過去のFuding Rateが圧倒的に高いのは「Bybit」

▶ デルタニュートラルの運用実績を公開しています。