仮想通貨投資

【低リスク仮想通貨投資】デルタニュートラル戦略の運用実績公開!2か月で+18.8%の運用益!(Bybitの画面で解説)

仮想通貨といえば「リスクが高い」と思われがちですが、そんなことはありません。

正しくリスクを理解すれば、低リスクで高いリターンを狙っていけるのが、今の仮想通貨の面白いところで、そのひとつがデルタニュートラル戦略です。

本記事では、Funding Rate 金利を毎日受け取る【デルタニュートラル戦略】の運用成績をご紹介します。

海外取引所Bybitでの注文の仕方資産の確認方法も参考までに載せてますので参考にしてみてください。

▼ デルタニュートラル戦略についてわからない方は、こちらをご覧ください。

本記事の要約まとめ

  • ビットコインを仕入れる国内取引所は、GMOコイン、bitFlyer(ビットフライヤー)、Coincheck(コインチェック)がおすすめ
  • デルタニュートラル運用する海外取引所は、Bybitがおすすめ
  • 2か月で約18%の運用利回りになった
  • 複利運用するならFunding Rateの金利分も追加ショートする

デルタニュートラル戦略の運用環境

本ブログ管理人の場合は、以下の環境でデルタニュートラル戦略をしています。

ビットコインを購入する国内取引所

メインで利用するのはGMOコインです。GMOコインは、仮想通貨の現物購入手数料が安く、ビットコインを海外に送金するときも手数料が無料なので使い勝手がいいです。

デルタニュートラルで運用するビットコインを買い増しするときは、ほかにbitFlyber(ビットフライヤー)Coincheck(コインチェック)なども比べてみて、価格が安い取引所で購入するようにしています。

デルタニュートラル運用する海外取引所

Bybitを利用しています。ほかには、Binanceなども選択肢になりますが、BybitのFunding Rateが高くなる傾向にあるので、Bybitだけで運用しています。

>>Bybit 公式ページ

他の取引所のFunding Rateを比較したい場合は、こちらで一覧で確認することができます。

>>各取引所ごとのFunding Rate

  • ビットコインを仕入れる国内取引所は、GMOコイン、bitFlyer(ビットフライヤー)、Coincheck(コインチェック)がおすすめ
  • デルタニュートラル運用する海外取引所は、Bybitがおすすめ

デルタニュートラル戦略の運用実績

それでは、2021年2月1日から3月31日までの運用実績を見てみましょう。

運用開始資金 :6700ドル(0.2BTC)

運用期間   :2021年2月1日~3月31日

現在の運用資金:7965ドル

運用利益   :1265ドル(18.8%)

年率換算   :約112%

はじめは、0.2BTCから運用を開始しています。その後の2か月間で7965ドルになっているので、2か月で18.8%の運用益になります。年率に換算すると、112%の収益になります。

管理人ヤギ

年率+112%の運用なんて、普通に考えるとあり得ないですね!

でもそれがあり得るのが、仮想通貨の世界。

グラフにすると、以下のようになります。

上のグラフをみてわかるように、2か月のあいだで1日も運用資金が減っていません。

このように、ほったらかしなのに安定した運用をできるのが、デルタニュートラル戦略の特長といえます。

ほったらかしなのに、安定した運用ができるのがデルタニュートラル戦略です。

海外取引所 Bybitでのデルタニュートラル運用手順

デルタニュートラル運用を始めるための流れは、以下のようになります。

STEP1.日本の取引所でビットコインの現物を購入する

STEP2.海外の取引所にビットコインの現物を送金する

STEP3.海外の取引所でビットコインをショートする

STEP4.Fungind Rateが付与されるのを待つ

もし実践してみたい場合は、以下の記事でくわしく解説していますので、参考にしてみてください。

Funding Rateを追加ショートすることで複利運用する

Funding Rateでもらった金利は、そのままだとBTCとして保持することになります。

BTCとして持っていたいのであれば、そのまま放置で構いません。複利で運用するのであれば、追加でショートする必要があるので、さきほどの注文画面でショートの注文をしましょう。

追加ショートできる余力は、個人資産画面の「利用可能残高」に表示されている「●●●USD」の金額をみればわかります。これがFunding Rate で受け取った金利分なので、この分だけ注文画面で追加でショートできます。

複利運用するならFunding Rateの金利分も追加ショートする

まとめ

本記事では、Funding Rate 金利を毎日受け取る【デルタニュートラル戦略】の運用成績とBybitでの運用方法をご紹介しました。

デルタニュートラル戦略をする一番のメリットは、BTCの価格が上がっても下がってもその影響を受けないことです。

価格が気になって仕方ないということもないので、放置しておけばよいというのがうれしいですね。

  • ビットコインを仕入れる国内取引所は、GMOコイン、bitFlyer(ビットフライヤー)、Coincheck(コインチェック)がおすすめ
  • デルタニュートラル運用する海外取引所は、Bybitがおすすめ
  • 2か月で約18%の運用利回りになった
  • 複利運用するならFunding Rateの金利分も追加ショートする