仮想通貨投資

【低リスク仮想通貨投資】1日最大1%の金利で運用!デルタニュートラル戦略まとめ

仮想通貨が連日高値更新を続けているというニュースを見ると、あなたも仮想通貨投資をやってみたいと思いませんか?

でも、いまから仮想通貨に投資しようと思っても・・・

  • 仮想通貨ってよくわからないけどリスクが高そう
  • もう遅いんじゃないの?
  • いまはバブルだからすぐに暴落するんじゃないの?

といった不安が頭をよぎって、踏み出せないのではないでしょうか。

本記事では、仮想通貨で日利1%の金利を低リスクで受け取る【デルタニュートラル戦略】についてご説明します。

▼ デルタニュートラルの運用実績と海外取引所Bybitでの操作画面はこちらで公開しています。

▼ステーブルコインで安定運用する方法は、こちらの記事で解説しています。

本記事の要約まとめ

  • デルタニュートラル戦略は、ビットコインの価格変動に影響を受けないので低リスク
  • Funding Rateは、無期限先物をインデックス価格と連動させるしくみ
  • ビットコインへの期待感が高いうちは、Funding Rateはショート側が安定して受け取れる可能性が高い
  • カウンターパーティリスクを理解して自己責任で運用しよう

デルタニュートラル戦略の基本

まずはデルタニュートラル戦略の基本からご説明します。

デルタニュートラル戦略とは?

「デルタニュートラル戦略」

仮想通貨での運用を調べているひとであれば、聞いたことがあるかもしれません。

どんな戦略かというと、現物のビットコインを海外のBTC建ての取り引き所に送金して、それを証拠金としてレバレッジ1倍で同じ量のビットコインをショート(売りポジションをもつこと)します。

これによって何が起こるかというと、現物のビットコインの量とショートしているビットコインの量が同じなので、ビットコインの価格が変動しても、お互いの損益が相殺しあうので、資産価値がビットコインの価格の影響を受けない状態になります。

これが「デルタニュートラル」という状態です。デルタは「差分」を意味することばですが、価格が変動しても資産が増減しない状態なので「ニュートラル」というわけです。

ことばで説明してもわかりずらいかもしれないので、例を用いてご説明します。

例 1BTCが100万円のときに、1BTCの現物(時価総額100万円)を持っていて、現物の1BTCを担保にレバレッジ1倍でショートしているとします。この状態で1BTCの価格が200万円になったときと50万円になったときの、それぞれの資産の時価総額は?

■1BTCが200万円になったとき

ショートポジションの損失が0.5BTCなので、ポジションをクローズすると資産は1BTC-0.5BTC=0.5BTCになります。このとき1BTC=200万円なので

時価総額は 0.5BTC x 200万円/BTC = 100万円 

となって、運用前と変わりません。

■1BTCが50万円になったとき

ショートポジションの利益が1BTCなので、ポジションをクローズすると、資産は1BTC+1BTC=2BTCになります。このとき1BTC=50万円なので

時価総額は 2BTC x 50万円/BTC = 100万円 

となって、運用前と変わりません。

このように、ビットコインのデルタニュートラルの状態にしておけば、ビットコインの価格が上がっても下がっても資産の時価総額の変動がゼロ(ニュートラル)になります。

この状態で、取引所かからFunding Rate(ファンディングレート)と呼ばれる金利(のようなもの)を受け取り続けるのがこの戦略の狙いです。

デルタニュートラル戦略は、ビットコインの価格変動に影響を受けないので低リスク

収益源となるFunding Rate(ファンディングレート)とは?

Funding Rateを金利のようなものと表現してきましたが、じつは正しくはありませんので、もう少しちゃんとご説明します。

Funding Rate=資金調達率

Funding Rateは日本語では「資金調達率」といわれます。

これは海外の仮想通貨取引所では一般的なものなのですが、仮想通貨の「無期限先物」と「現物」の価格を連動させるためのしくみと理解すればOKです。

ここで「先物取引」について確認しておきます。

先物取引とは、ある商品(原資産)を、将来の決められた日(期日)に、取引の時点で決められた価格で売買することを約束する取引です。

松井証券より引用

つまり、先物は満期になると強制的に現物と同じ価格になるため、満期に向かって価格が現物に近付いていく(連動する)ことになります。

ところが「無期限先物」には名前の通り期限(満期)がありません。そうなると現物と価格が連動するしくみがないことになって、金融商品として成立しません。つまり、現物と価格を連動させるために別の方法が必要になるわけです。

それがFunding Rateです。

Funding Rateは、無期限先物をインデックス価格と連動させるしくみ

Funding Rate(ファンディグレート)の役割

Funding Rateは、現物の価格と連動させるためのものなので、基準となる現物の価格(インデックス)に近づくポジションを持っている人が有利になるように設定されます。

具体的には、以下の2パターンになります。

パターン1.無期限先物の価格 > インデックス価格のとき

無期限先物をインデックス価格に近付けるためには、ショート(売り)される必要があるので、ロングしているひとからショートしているひとに支払われます。

パターン2.無期限先物の価格 < インデックス価格のとき

無期限先物をインデックス価格に近付けるためには、ロング(買い)される必要があるので、ショートしているひとからロングしているひとに支払われます。

つまりFunding Rateは、ロングとショートしているひとどうしの間でやりとりされるもので、支払い側と受け取り側の立場は状況によって入れ替わるものです。

つまり、まとめると以下のようになります。

ロングポジションショートポジション
Funding Rateがプラス支払い受け取り
Funding Rateがマイナス受け取り支払い
管理人ヤギ

・Funding Rateがプラスのときにショートポジションを持っていれば

・ロングポジションを持っているひとから受け取りができる

というのを覚えておいてください!!

デルタニュートラル戦略の期待リターン(利回り)

さて、デルタニュートラル戦略と、その収益源となるFunding Rateについてご説明してきました。

しかし、あなたが一番気になるのは、「実際のところどれくらい儲かるの?」ということではないでしょうか。

実際のリターンはFunding Rateの値によって変わるので、運用してみないとわかりませんが、本記事では取引所「Bybit」におけるFunding Rateの理論値と直近3か月の履歴をもとに推測してみます。

ブログ管理人ヤギ

実績をもとにリターンを推測してみます!

Funding Rateのベースは「0.01%」

海外取引所BybitのFunding Rateは、「金利」と「プレミアムインデックス」の和で構成されます。

したがって、基本的に固定となる0.01%の金利に、その都度計算されるプレミアムインデックスが足されるので、理論的には「Funding Rateのベースは、0.01%(ショートが受け取り)」となります。

くわしい計算式はこちらで確認できます。

>>BybitのFunding Rate計算式

  • 取引所BybitのFunding Rateのベースは「0.1%」なので、理論上ではショート側の受け取りになることが多い

Funding Rateの直近3ヶ月のデータ

つぎは過去のFunding Rateの実績を見てみましょう。

取引所BybitのFunding Rateについて、「値の範囲」ごとの出現回数をカウントして確認します。

たとえば、「Funding Rateが0%以下の回数」「0%より大きく0.05%以下の回数」「0.05%より大きく0.10%以下の回数」といった感じで3か月間のデータについて回数をカウントします。

前提条件

取引所:Bybit

期間 :2021年1月~3月(Funding Rate付与271回)

通貨 :インバース無期限BTCUSD

Fuding Rate範囲出現回数出現割合
0.00%以下41.5%
0.00%-0.05%13148%
0.05%-0.10%4115%
0.10%-0.15%4115%
0.15%-0.2%2810%
0.20%-0.25%135%
0.25%-0.30%62.2%
0.03%-0.35%31.1%
0.35%以上31.1%

ヒストグラムで表すと下のような感じになります。

271回のFunding Rateでマイナスになったのはわずか4回で、最も回数が多いのは0.01%でした。

このことから、直近3か月のFunding Rateは98.5%がショート側の受け取りであることがわかります。

  • 3か月のFunding Rateは、98.5%がショート側の受け取り
  • 最も出現回数が多いのは、0.01%でショート側の受け取り

また、Funding Rateの平均値と3か月の累積値を計算すると、以下のようになりました。

BybitのFunding Rateの平均値
平均/1回0.0812%
平均/1日0.2437%
累積値21.9309%

デルタニュートラル戦略で期待できる年間リターン

結論からいうと、以下のような理由で「期待できる年間のリターンは11%~50%くらい」であると考えられます。

ビットコインに値動きがないときは、基本的に0.01%/回となります。Funding Rateが付与されるのは、1日に3回なので合計すると0.3%となります。

Funding Rateのベースとなる0.1%で年間リターンを計算すると、0.03%/日 x 365日 = 約11% となります。

ただし、上の表のように過去の実績を見る限りでは、もう少しFunding Rateが高くなることが多いので、年間50%くらいまでリターンが出る可能性はあると考えます。

  • Funding Rateのベース0.1%で計算すると、年間リターンは11%
  • 過去3か月のFunding Rate実績値を考慮すると、年間リターンは50%もあり得る

デルタニュートラル戦略に最適な取引所の選び方

デルタニュートラル運用において、取引所選びが最も重要なポイントになります。

なぜなら、どの取引所を利用するかによって、運用利回りが全く違ってくるからです。

本記事では、取引所を選ぶときの最も重要なポイントだけかんたんにご説明します。くわしく確認したい方は、あとでご紹介する記事をご覧ください。

【国内取引所】手数料が安い「GMOコイン」+「bitFlyer・Coincheck」

デルタニュートラルにおける国内の取引所の役割は、銀行からの入金、ビットコインの購入、海外の取引所への送金です。

少額の資金でお試し運用を始めるときに重要なポイントは、これらの手数料が安いことです。

国内の取引所でほぼ唯一、入出金が無料、現物の手数料が安いのがGMOコインです。

お試し運用のあとに資金を増やすときに重要なポイントは、ビットコインを少しでも安く仕入れることです。

そのためには、GMOコイン以外にも最低2つくらいは口座を開設しておいたほうが、選択肢が多くなり有利です。

以上の理由から国内の取引所は、「GMOコイン」+「bitFlyer」+「Coincheck」がおすすめです。

【海外取引所】Funding Rateが高い「Bybit」一択

海外の取引所では、無期限先物(日本の取引所のレバレッジ取引のようなもの)の価格はFunding Rateで調整するのが一般的です。

選択肢が多いのは良いことですが、「どの取引所でデルタニュートラルをやればいいの?」という疑問が出てくるかもしれません。

結論からいうと、デルタニュートラル運用に適した海外取引所は「Bybit」です。

なぜなら、過去の「Funding Rate=利回り」をほかの取引所と比較すると、Bybitが圧倒的に高い傾向があるからです。

海外取引所のなかでも有力な取引所、Bybit、Bynance、Bitmexの3つで比較してみました。

前提条件

取引所:Bybit, Bynance, Bitmex

期間 :2021年1月~3月

通貨 :BTC

BitmexBybitBinance
平均/1回0.0396%0.0812%0.0458%
平均/1日0.1188%0.2437%0.1375%
累積値10.6956%21.9309%12.3728%

2021年1月から3月までのBTCという条件では、Bybitが平均0.08%以上、1日当たり平均では0.24%以上となりました。(年率換算で+88%)

以下のリンクから口座登録ができます。

>>Bybit 公式ページ

  • Bitmex、Binance、Bybitで比較するとBybitが圧倒的にFunding Rateが高い

▶ 取引所の選び方について、詳しくは以下の記事をご覧ください。

デルタニュートラル戦略に最適な仮想通貨(BTC、ETH、EOS、XRPで比較)

デルタニュートラル戦略で運用することができるのは、ビットコインだけではなく、いわゆるあるとコインでも可能です。

取引所Bybitでデルタニュートラル運用ができる仮想通貨は、BTC、ETH、EOS、XRPの4種類あります。

この中でどれが一番利回りが良いのか検討してみましょう。

前提条件

取引所:Bybit

期間 :2021年1月~3月(FR回数271回)

通貨 :BTC、ETH、EOS、XRP

上の前提条件で付与されたFunding Rateを比較すると以下のようになります。

ブログ管理人ヤギ

ぱっと見では、BTCとETHのFunding Rateが高そうです。

このグラフを累積値で見てみましょう。

累積値でみるとわかりやすくなりました。

BTCとETHのFunding Rateが高くなっています。もしかすると、データの集計期間が違えばETHの方がよくなるかもしれません。

それぞれの平均値と累積値をまとめると以下の表のようになります。

▶この表は右にスライドできます

BTCETHEOSXRP
平均/1回0.0812%0.0814%0.0512%0.0563%
平均/1日0.2437%0.2442%0.1535%0.1690%
累積値21.9309%21.9814%13.8152%15.2091%

2021年1月から3月までという条件では、BTCとETHがほぼ同じ利回りになって、平均0.08%以上、1日当たり平均では0.24%以上となりました。(年率換算で+88%)

  • 運用するならBTCかETHの利回りがよい

デルタニュートラル戦略のメリット・デメリット

デルタニュートラル戦略でFunding Rateを受け取り続ける方法なら、ビットコインの価格変動に関係なく、利益を上げ続けることができます。

しかし、リスクがないかというと、そうでもありません。メリットとデメリットについても理解しておきましょう。

デルタニュートラル戦略の4つのメリット

デルタニュートラルには、以下のようなメリットがあります。

  1. 低リスク・高リターンである
  2. 値動きを気にしなくてOK・放置可能
  3. 複利運用ができる
  4. 下降トレンドに強い

効率的な市場では一般的に、リスクとリターンは相関するので、高リターンを求めるならリスクを取る必要があります。ここでいう「リスク」とは、ボラティリティ、つまり将来の不確実性を許容するかどうかなので、たとえばリスクがほぼゼロの国債や定期預金ではリターンもほぼゼロ、株式運用などは値動きが±30%くらいあって、期待リターンは3~5%くらいです。

一方デルタニュートラル運用では、仮想通貨の値動きによって損失がでるリスクはほぼゼロですが、年間のリターンは10%~50%くらいまで期待できます。

ブログ管理人ヤギ

資産運用の世界の常識的なリスク・リターンからすると、デルニューはバグレベルです!

デルタニュートラル戦略の4つのデメリット

デルタニュートラルには、以下のようなデメリットがあります。

  1. カウンターパーティ・カントリーリスクがある
  2. 上昇トレンドだと現物よりも低リターン
  3. 刺激がない・つまらない
  4. まとまった運用資金が必要

デルタニュートラル戦略にもデメリットもあります。

たとえば、取引所がハッキングにあってつぶれる可能性がある、または日本の金融庁から締め出しにあって、日本人がりようできなくなることなどです。こういったリスクのことをカウンターパーティリスクといいます。要は取引所や国の信用リスクのことです。

さすがに各取引所は、仮想通貨のハッキング対策をしているので以前に比べてリスクは減っているでしょうし、日本人が利用できなくなるとしても、資金を移動するための猶予期間があります。

心配であれば、運用資金が2倍になった時点で原資を引き出しておけばよいでしょう。

ブログ管理人ヤギ

カウンターパーティリスクを理解して、自己責任で運用しよう!

▶ デルタニュートラル戦略のメリット・デメリットについては、こちらの記事をご覧ください。

デルタニュートラル戦略の手順の流れ・やり方

Funding Rateで金利を稼ぐ手順は、おおまかに言うと以下の4ステップです。

STEP1.日本の取引所でビットコインの現物を購入する

STEP2.海外の取引所にビットコインの現物を送金する

STEP3.海外の取引所でビットコインをショートする

STEP4.Fungind Rateが付与されるのを待つ

難しくはありませんが、仮想通貨に慣れていない人にとってはわかりにくいかもしれません。

▶ くわしい手順は、こちらの記事で解説しています。

管理人ヤギ

ここでは手順の流れだけ解説します。

くわしい操作方法は、上の記事をご覧ください!

STEP1.日本の取引所でビットコインの現物を購入する

日本の銀行口座から海外の仮想通貨取引所に送金することはできせんので、日本の仮想通貨取引所を介してビットコインなどで送金します。

ですから、日本の仮想通貨取引所の口座を開設するわけです。

開設する取引所はどこでもかまいませんが、申し込みから利用できるまでに時間が掛かると機会損失になりますので、いくつか同時に申し込みをしておくとよいです。

その中で最も現物を安く購入できる取引所で購入して送ることが大事です。これをやるかやらないかで、スタート地点で差がつきます。基本的に複利運用なので、スタート地点の差はのちに大きな差になります。

おすすめ取引所の中で3つほど挙げるなら、bitFlyer、Coincheck、GMOコインあたりが使い勝手が良くてよいのではないでしょうか。

複数の取引所に口座を用意しておくと、そのとき一番安い価格で現物を仕入れることができるので有利

STEP2.海外の取引所にビットコインの現物を送金する

海外の取引所の選択肢はいくつかありますが、以下の3つの理由でBybitの利用をおすすめします。

  1. Funding Rateが高騰しやすい(ショート有利になりやすい)
  2. 管理画面を日本語表記にできて初めてでも使いやすい
  3. 日本人の利用者が多いためツイッターなどで情報収集しやすい

特にひとつめの理由が大事で、「Funding Rateが高騰=毎日稼げる金利が高い」ことを意味します。

口座を持っていない場合は、口座開設をします。Bybitであれば本人の身分証明が不要なので、実質5分もあればサービスを利用できるようになります。

口座が利用できるようになったら、セキュリティ設定の2段階認証をしたのちに日本の取引所から仮想通貨を送金します。

>>Bybit 公式ページ

海外取引所の中でもBybitは日本語対応しているので、はじめてでも使いやすい

STEP3.海外の取引所でビットコインをショートする

ビットコインをレバレッジ1倍でショートします。

重要なことは、レバレッジ1倍で「保有しているコインと同じ量」だけショートすることです。これによって、ビットコインの価格があがってもさがってもドルベースでの資産価値は変動しなくなります。

STEP4.Fungind Rateが付与されるのを待つ

Funding Rateが付与されるのを待ちます。Funding Rateが付与される時刻は取引所ごとに決まっていて、たとえばBybitであれば世界標準時の0時、8時、16時の3回です。

日本時間では1時、9時、17時となります。

Bybitの場合は、以下の画面の右下のようにFunding Rate(資金調達率)と付与されるまでの残りの時間が表示されます。

管理人ヤギ

上の画面の例では・・・

ショートポジション側が0.2964%のFunding Rateを受け取れます。

はじめのうちは気になるようであれば、管理画面をのぞいて資産がじわじわ増えるのを見ることができます。慣れてくれば気にならなくなるので、たまに画面を確認すれば十分でしょう。

Funding Rateが付与されるタイミングは、取引所によってことなるので事前に確認しましょう

デルタニュートラル戦略の確定申告について

デルタニュートラル戦略で運用をした場合に利益が発生すれば、確定申告をして納税する必要があります。

本ブログ管理人は税理士資格をもってないので、税務的なアドバイスはできませんが、現実的な解決策を2つご紹介します。

いずれの方法にしても、内容を理解したうえで自己責任でおこなってください。

方法1.仮想通貨にくわしい税理士に有償で依頼する

確定申告書の作成を税理士に依頼することができます。

ブログ管理人は依頼したことはありませんが、年最低10万円くらいは必要になるようです。

方法2.年末にすべて円に換えて利益を確定する

個人の場合は期末が年末(12月31日)になりますので、年末になったらデルタニュートラル運用を解除して、国内取引所で円に換えます。

当初の運用資金100万円が150万円になったのであれば、途中でどのような取引をしようが、利益が50万円ということは明らかです。

あとは、「やよいオンライン」や「freee」などのクラウド会計ソフトを使って、雑収入を入力すれば納税すべき金額は自動で計算されます。

年初になったら、納税金額を除いて再びデルタニュートラル運用をすれば、次の年度も同じように運用できます。

  • 取引所の取引履歴は、csvなどでダウンロードしておきましょう

まとめ

本記事では、仮想通貨で日利1%の金利を低リスクで受け取る【デルタニュートラル戦略】についてご説明しました。

圧倒的に高いリターンにもかかわらず、リスクがかなり低いので確実に資産を増やすことができる良い選択肢ではないでしょうか。

メリットとデメリットを理解したうえで、自己責任で資産運用しましょう。

  • デルタニュートラル戦略は、ビットコインの価格変動に影響を受けないので低リスク
  • Funding Rateは、無期限先物をインデックス価格と連動させるしくみ
  • ビットコインへの期待感が高いうちは、Funding Rateはショート側が安定して受け取れる可能性が高い
  • カウンターパーティリスクを理解して自己責任で運用しよう