仮想通貨投資

【仮想通貨DeFi】ステーブルコインで手動アービトラージするやり方を解説

本ブログでは、自動売買のbotを利用したアービトラージの手法について記事を書いたことがあります。

しかしプログラミングの習得などが必要な方法はハードルが高く、ほとんどのひとは実際にチャレンジしていないでしょう。

それでは絵に描いた餅なので、もう少しハードルが低くて「自分にもできそうだ」と思っていただけそうな方法について検討してみました。

それが、「手動ステーブルコインアービトラージ」です。

本記事では、DeFiでステーブルコイン使ってアービトラージをする方法についてご説明します。

本記事の要約まとめ

  • ステーブルコインは法定通貨の価値を維持するよう設計されている
  • ステーブルコインの価格が収束する性質を利用してアービトラージができる
  • DeFi運用との合わせワザでリターンが大幅にアップ

ステーブルコイン・アービトラージ用語解説

まずはじめに、ステーブルコインアービトラージについて、それぞれのことばの意味を確認しておきましょう。

ステーブルコインとは?

ステーブルコインとは、法定通貨の価値を維持するように設計された仮想通貨のことです。

現存するステーブルコインのほとんどは、1ドルの価値に連動するようになっています。

ステーブルコインの最大の特徴は「基本的に価格変動リスクがない」ので、持っていても資産が目減りするリスクが低いということです。

だから、仮想通貨の市場全体が停滞しているときには人気があります。

ステーブルコインの価値を担保する方式はいろいろありますが、大きく3つに分けると、「法定通貨担保型」「仮想通貨担保型」「無担保型」となります。

この「価値を担保するしくみ」がとても重要です。

なぜなら、このしくみが適当だと価値を維持できずに、最終的に電子ゴミになる可能性もあるからです。

ステーブルコインは法定通貨の価値を維持するよう設計されている

ステーブルコインを利用したアービトラージとは?

アービトラージは、日本語では裁定取引といいます。

個人の投資家にはなじみが薄いかもしれませんが、機関投資家などでは一般的な取引手法です。

アービトラージは、単純にいえば、ある商品を安く買って、高く売ることでその差額(サヤ)を収益とするものです。

アービトラージの基本形

たとえば、ビットコインを売り買いする場合を考えてみます。

ビットコインは、世界中の取引所で異なる価格で売り買いすることができます。

そういった状況では、ある取引所で安く買って、ほぼ同時に他方で高く売ることができれば、価格変動リスクなしにそのサヤ取ることができます。

アービトラージの発展形(ステーブルコインアービトラージ)

アービトラージの発展形として、以下のようなサヤを取る取引方法もあります。

  • ステーブルコインの価格が収束することを利用したアービトラージ

これはとてもかんたんです。

たとえば、1ドルの価値を維持するステーブルコインの価格があるときに、1ドルより安くなったら買い、1ドルより高くなったら売り、という戦略をとればサヤを抜くことができるわけです。

ステーブルコインが1ドルに収束する性質を利用してアービトラージができる

ステーブルコインのアービトラージの実現性

ステーブルコインの価格が収束することを狙ったアービトラージであれば、手動で取引することも可能です。

実際にステーブルコインでアービトラージする方法

ステーブルコインでアービトラージする方法はかんたんです。

価格が変動する2種類のステーブルコインの間で売り買いをすればいいのです。

ここで前提として、ステーブルコインAは価格が1ドルでほぼ動かない、ステーブルコインBは価格変動が大きめであるとします。

ステーブルコインでのアービトラージ手順

  1. ステーブルコインAを100枚(約100ドル分)もっている
  2. ステーブルコインBの価格が0.9ドルになったら、100枚のAを111枚のBに交換する
  3. ステーブルコインBの価格が1.0ドルに戻ったら、111枚のBを111枚のAに交換する

やることは単純です。

価格変動が大きいステーブルコインの値動きの上限と下限を把握しておいて、その下限にきたら買う、上限にきたら売るというだけです。

ただし、ステーブルコインBが過去の値動きに従わずにそのまま下落する可能性もゼロではありません。

ですから、ステーブルコインBの価値がなぜ維持されるのか、そのしくみを理解することが重要になります。

もっとも重要なポイントは、ある程度の値動きが許容されていて、なおかつ値動きに周期性があることです。

具体例:ステーブルコイン$VAIの周期を利用したアービトラージ

具体例として、ステーブルコイン$VAIの値動きの周期性を利用したアービトラージ戦略を考えてみます。

以下のグラフは、$VAIの価格チャートです。

上のグラフは少し見ずらいので補足説明すると、以下のようになります。

  • $VAIは1ドルの価値を維持するよう設計されたステーブルコイン
  • $VAIは下限0.87ドル~上限0.98ドルあたりで周期的に推移している
  • 価格変動の周期は約1か月

「そもそもステーブルコインなのに、全然1ドルになってない!」というのがまず懸念事項ではありますが、もし$VAIの価値がある程度は担保されているならば、価格が際限なく下がるリスクは低く、価格が際限なく上がるとも考えにくいわけです。

※少なくとも、草コインが値上がりする可能性よりは相当高い。

ですから、上の$VAIを使ってアービトラージする場合、以下のように取引すればよいわけです。

$VAIを利用したアービトラージ戦略の例

  1. はじめに資産を$USDCとして持っておく
  2. $VAIが0.87ドルになったら、$USDCを$VAIに交換する
  3. $VAIが0.98ドルになったら、$VAIを$USDCに交換する
  4. 上の1から3を繰り返す

価格が変動する周期が1か月と長いので、手動でも取引することができます。

想定とおりの値動きをすれば、1周期で10%弱のサヤを抜けることになります。

アービトラージとDeFi運用の合わせワザで一挙両得

上で説明した$VAIのアービトラージをすると、1か月で2回くらいの取引をしますが、それ以外の期間は$VAIか$USDCで資金をただ寝かせておくことになります。

ただウォレットに持っているだけではもったいないですね。

この資金が遊んでいる期間を利用してDeFiで運用すればすることで、追加のリターンが狙いましょうというのが、ここから先の話です。

DeFiでの運用方法にはどんなものがある?

具体的な運用方法は、レンディング・ステーキング・イールドファーミングなどがあります。

この3つに共通しているのは、ブロックチェーン上のDEXやFinanceなどのアプリケーションに、自分のステーブルコインを預けることで、報酬を得ることができるという点です。

ステーブルコインは価格変動リスクが少なく人気があるので、DeFiで運用したときのリターンも低めになります。

それでもステーブルコインによっては、APR(年率換算リターン)は、10%~100%くらいまで可能です。

DeFi運用との合わせワザでリターンが大幅にアップ

▼ステーブルコインをDeFiで運用する方法については、以下の記事で説明しています。

まとめ

本記事では、DeFiでステーブルコイン使ってアービトラージをする方法についてご説明しました。

さらにステーブルコインをDeFi運用することで、資産が遊んでいる期間を無くすこともできます。

もちろんステーブルコインやDeFiにはそれ相応のリスクがあるので、ドキュメントやしくみを理解したうえで運用することをおすすめします。

  • ステーブルコインは法定通貨の価値を維持するよう設計されている
  • ステーブルコインの価格が収束する性質を利用してアービトラージができる
  • DeFi運用との合わせワザでリターンが大幅にアップ

▼ステーブルコインで安定運用する方法は、こちらの記事をご覧ください。