仮想通貨投資

【仮想通貨DeFi】BSCからFantomへの送金手順(ブリッジ)

DeFiでイールドファーミングをしていると、より良い条件で運用できるアプリやサービスに資金を移動したいことがありますよね。

場合によっては、チェーンをまたぐこともありますが、いざ資金を移動しようと思っても・・・

  • どうやって資金を移動すればいいのかわからない
  • 手数料は高くないの?

といった疑問があって、進められてないのではないでしょうか。

ブログ管理ヤギ

安心してください。かんたんに安い手数料で送金できます。

本記事では、BSCからFantomに資金を移動する(ブリッジ)手順についてご説明します。

本記事でわかること

AnySwapを利用したBSCからFantomへの送金方法

▼ステーブルコインの運用は、こちらの記事で解説しています。

はじめてFantomチェーンを利用する場合の注意点

Fantomチェーンでトランザクションを発行するためには、ガス代として$FTMが必要になります。

しかし、この記事で紹介するAnySwapでは、ガスとなる$FTMを送金することはできません。

したがって、はじめてFantomを利用するときは、別の方法で少量の$FTMをMetaMaskに送金しておく必要があります。

もっとも簡単な方法は、Binanceで$FTMを購入して、MetaMaskのウォレットに送金する方法です。

本記事では、すでにMetaMaskに$FTMがある前提での手順となります。

  • Fantomチェーンでは、ガス代として$FTMが必要
  • $FTMの送金をするならBinance経由がもっともかんたん

【概要】BSCからFantomチェーンへの送金方法

異なるブロックチェーン間で資金を移動することをブリッジといいます。

本記事では、BSCからFantomに低コストでブリッジする方法についてご紹介します。

ブリッジするために、AnySwapというアプリケーションを利用します。

ブログ管理人

もちろん逆向き、FantomからBSCへのブリッジも可能です。

AnySwapを利用したブリッジの流れ

STEP1.MetaMaskチェーンの切り替え

STEP2.AnySwapブリッジ設定(BSC to Fantom)

STEP3.送金確認

【手順】BSCからFantomチェーンへの送金方法

AnySwapを利用した具体的なブリッジ手順について解説します。

ブログ管理ヤギ

実際の画面で説明します!

STEP1.MetaMaskチェーンの切り替え

まずはMetaMaskのチェーンをBSCに切り替えます。

下の画面のように、MetaMaskの右上のメニューからBSCを選んでください。

STEP2.AnySwapブリッジ設定(BSC to Fantom)

AnySwapで送金の設定をします。

手順1.MetaMaskに接続する

AnySwapに移動してMetaMaskと接続します。

AnySwapの画面右上に接続先のチェーンとMetaMaskのアドレスが正しく表示さていればOKです。

手順2.Swap画面に移動する

左側のメニューから「Swap」を選びます。

手順3.送金元と送金先のチェーンを選ぶ。

Swap画面で送信元と送信先のチェーンを選びます。

手順4.送金するトークンを選ぶ

送金する仮想通貨を選びます。

下の画面では、$USDCを選んでいます。

送金できる仮想通貨はチェーンの組み合わせによって違っていて、以下のように選ぶことができます。

手順5.送金額を入力する

送金をする前に、送金先のプールに十分な流動性があることを確認します。

今回の場合は、送金先のFantomチェーンのほうに十分な流動性があるので送金可能です。

ブログ管理人

もし流動性が不足している場合は、時間をあけて流動性を確認してみてください!

送金先のプールの流動性がか確認できたら、送金する額を入力します。

Ftomに送金額を入れると、手数料を引いた額がToに表示されます。

手順6.送金する

手数料や時間などの送金条件を確認して、問題なければ「Swap」ボタンを押して送金します。

今回の例では、送金手数料が0.1%(最低手数料0.9USDC)でした。

ブログ管理人

送金手数料が0.1%なら安いよね!

STEP3.送金確認

送金した仮想通貨がFantomに送られたことを確認します。

手順1.MetaMaskでトランザクションを確認する

MetaMaskでトランザクションを確認します。

「アクティビティ」タブで以下のようにトランザクションが正常終了していればOKです。

手順2.チェーンを切り替えて着金を確認るする

Fantomチェーンに切り替えて着金を確認します。

以下のように、送金したトークンが着金していることを確認します。

トランザクションが混雑していなければ、数分から数十分で送金が完了します。

MetaMaskにトークンが表示されない場合は、コントラクトアドレスを手動で追加しましょう。

FTMScanの検索欄にトークンを入力して、コントラクトアドレスを探してください。

$USDCの場合は、こちらのコントラクトアドレスになります。

FantomからBSCへの送金手順は?

本手順では、BSCからFantomへの送金手順でしたが、反対向きの送金もモチロン可能です。

その場合は、上の手順の送金元と送金先の設定値を逆にすればOKです。

まとめ

本記事では、BSCからFantomに資金を移動する(ブリッジ)手順についてご説明しました。

DeFiの世界は無限に広がっていくので、いまのうちにできることを増やして、チャンスに備えましょう。

▼ほかにもいろいろな仮想通貨の投資方法について紹介しています。