資産管理会社

【資産管理会社】資産管理法人で審査落ち!?銀行口座を開設するコツを解説します

自分の資産を運用・管理するために法人を設立したあとにまずやることとして、法人の銀行口座の開設があります。

個人の銀行口座の開設ならば簡単なのですが、法人口座となると簡単にはいきません。

ここ数年は、法人での銀行口座の開設の際の審査が非常に厳しくなっているのが現状で、申し込んだ全ての銀行の審査で落とされたという話はネット上に腐るほど転がっています。

特に資産管理法人のようなビジネスの実態が曖昧な法人となると、信用のある法人として銀行に認められにくいため、口座開設のハードルは更に高いものになってきます。

本記事では、ブログ管理人が資産管理法人で銀行口座を開設した経験をもとに、銀行口座を開設するコツについてご紹介します。

これから法人を設立しようと考えている、または法人を設立したけれど銀行口座を開設できないとお悩みのあなたの参考になれば幸いです。

管理人ヤギ

資産管理法人で銀行口座の開設をするのは、難易度が高いんだ。実際に開設してみたのでコツをご紹介するよ。

法人設立から銀行口座開設までの簡単な流れ

まずは、法人設立から銀行口座の開設までの流れをざっと確認しておきましょう。

1.法人を設立する
2.銀行の法人口座の開設を申請する
3.銀行が法人の口座開設の審査をする
4.銀行から口座開設の可否の連絡がくる

ネット銀行の場合だと、法人口座の開設をインターネットで申請してから口座開設が完了するまで、だいたい2週間くらいかかるのが一般的です。

ここでひとつ注意点があります。

仮に口座開設が否認されても、審査に落ちた理由を銀行が教えてくれることは「絶対に」ありません。ですから、審査に落ちた原因を修正して他の銀行に口座開設の審査に申し込むというプロセスが踏ないわけです。このことも、口座開設の難易度を上げている一因ともいえます。

管理人ヤギ

審査に落ちても理由を教えてくれないから、悪いところを修正してチャレンジすることができない!!

法人口座を申し込むときの「提出資料」と 「銀行の審査の基準」について

続いて、口座開設の申し込みに必要となる資料と、銀行の審査の基準についてご説明します。

しかし、銀行の審査基準は明らかにされていませんので、あくまで私が審査を受けてみた経験をもとに推測したものになります。

提出資料はどんなものが必要か?

銀行の法人口座の開設を申し込むと、一般的には以下のような資料の提出を求められます。どの銀行でも大きな違いはありません。

口座開設時に提出する資料
  1. 会社の登記簿謄本(履歴事項全部証明書)
  2. 会社の印鑑証明書
  3. 法人番号指定通知書、またはそれが確認できる資料
  4. 代表者・担当者の身分証明書
  5. 会社の事業内容や実績が確認できる資料

上の5つの資料のうち1~4については事務的に用意できる資料なので問題ありません。

審査の際に問題になるとすれば、5番目に挙げた「会社の事業内容が確認できる資料」です。具体的にどのような資料が該当するかというと曖昧な部分があって、銀行によってニュアンスが変わってきます。

わたしが何行か申し込んだところでは、以下のようなものが提出資料として認められていました。

会社の事業内容や実績が確認できる資料の例
  • 会社のホームページ
  • 会社のサービスや取り扱い製品のパンフレット
  • 取引先との契約書・発注書・請求書
  • 他社に提示したことのある提案書

上の例を見ると、銀行が想定しているのはこんな法人ということがわかります。

  • 何らかの製品を作って販売している
  • 何らかのサービスを提供している

しかしながら、口座開設したい法人が資産管理法人のような会社の場合は、ホームページや自社の製品・サービスはありませんし、取引先との契約書や発注書のようなものもありません。

そして、もしこれらの資料の提出を求められたにもかかわらず提出できなければ、口座開設の審査は間違いなく通りません

そもそも銀行は、これらの資料で何を審査したいのでしょうか。

銀行の審査基準とはなにか?

先に書いたように、銀行は審査基準を明示していないので、審査基準はわかりません。審査に落ちたときですら、その理由を教えてくれません。

しかし、実際に銀行に口座開設の申し込みをしてみるとわかるのですが、銀行が審査しているポイントは「その法人が信用できるかどうか」という1点だと思われます。

銀行が最も懸念していることは、銀行口座が反社会的な勢力(やくざ)や組織的な詐欺や犯罪集団に利用されたり、マネーロンダリングに使われることです。

つまり、法人口座を開設するために最も重要なことは、「会社としての信用できることをアピールすること」、これだけです。

管理人ヤギ

ビジネスの内容や実態があいまいな法人は、NGってこと!!信用をアピールするしかないね。

資産管理法人の事業内容では銀行の審査に通らない

資産管理法人の事業内容では、銀行の口座開設の審査を通すことは難しいです。

資産を管理・運用することを唯一の事業目的として設立した法人だと、株・為替・仮想通貨のような金融商品の売買という事業内容になります。そのような事業だとビジネスとしての実態が見えずらく、なにをしているかわからない怪しい法人だからです。

実際、ひと昔まえには、FXや仮想通貨に関連した詐欺が横行したこともあり、銀行からすればそのような事業目的の法人は、信用に値しないと判断されます。

以上のような理由により、資産管理法人では銀行の口座を開設するのが難しいのが現状です。しかも、審査の基準は年々厳しくなってきていますので、今後は更に口座開設が難しくなります。

それでは、資産管理法人で銀行口座を開設するには、どうすればよいでしょうか。

最も確実な方法は「銀行から信用されるような事業の実績」を作って、健全な法人であることをアピールすることです。

銀行から信用されるために事業の実績を作る

口座開設で銀行の審査に通るためには、法人として銀行から信用される必要があります。

そのために最も有効な方法は、事業の実績を作ることです。しかし、法人の事業目的の本命が別のところにあるでしょうから、なるべく収益化のハードルが低い事業で実績をつくりましょう。

事業の実績を作るためのステップ
  • STEP1.定款に収益化のハードルが低い事業を含める
  • STEP2.事業としての実績を作る

この2つのSTEPについて、順番にご説明します。

STEP1.定款に収益化のハードルが低い事業を含める

まずはじめに、法人設立時の定款に、本命の事業目的とは別の「収益化のハードルが低い事業」を含めておきましょう。

定款とは?

定款とは、法人を設立するときに作成する「会社のルール」をまとめた書類のことです。定款に書いていない事業を行うことはNGなので、できれば法人設立時に事業目的に追加しておきましょう。

実際に事業を行って実績を作ることができれば、その法人は銀行から見るとかなり信用度がアップします。

収益化のハードルが低い事業と言われてもピンと来ないと思いますので、ポイントと例を挙げてみます。

収益化のハードルが低い事業のポイント
  • 低コスト・低リスクであること
  • 収益が多い・低いかにかかわらず、収益化が簡単であること

例えば、「インターネット広告事業」などが収益化のハードルが低い事業と言えます。

STEP2.事業としての実績を作る(例「インターネット広告事業」)

わたしが設立した法人の場合は、事業目的の1番目に「インターネット広告事業」を書いています。

本記事では、インターネット広告事業を例として、事業の実績を作る方法をご紹介します。

インターネット広告事業とは?

インターネット広告事業とは、ブログやSNSなどのウェブメディアでコンテンツを発信して集客をしたうえで、広告主からの依頼を受けて広告を載せることで収入を得るような事業のことです。

インターネット広告事業をおこなう場合、無料の「はてなブログ」などを利用することもできますが収益化する際に制限があります。そういった制限が嫌であれば、専用のドメインとレンタルサーバーを用意する必要がありますが、年間で1万円~2万円くらいのコストで済みます。

このように、低コストで始めることができるうえに、自分でコンテンツを作る限り、人件費は0円でできるというのがポイントです。

ブログなどのコンテンツを自分で作成したら、Googleアドセンスや、アマゾンアフィリエイト、ASPなどの広告主を紹介してくれる仲介業者に登録することで、自分のメディアに広告を載せることが出来るようになり、少ないながらも早い段階で収益が得られるようになります。

このようにして事業の実績を作って銀行に提示することで、口座開設の審査に通る可能性が飛躍的にアップします

管理人ヤギ

収益が多いか少ないかは関係ない。大事なのは実際に事業として取り組んでいて、その実績が見えること!!

わたしが楽天銀行に資料として提出して審査に通った例

実際にわたしは、インターネット広告事業での実績を資料として提出することで、楽天銀行の審査に通りました

以下のようなやりとりがあって、大体3週間くらいで審査合格のメールを受け取りました。

  1. インターネットで楽天銀行の法人口座開設を申し込み
  2. 2週間後くらいに楽天銀行の担当者から電話があり、法人の事業の実績を示すような資料の提出を求められる
  3. インターネット広告事業の実績として、ASP(広告を仲介する業者)の管理画面を送る
  4. 1週間後にメールで審査合格の連絡を受ける

ちなみに、広告収入としては1円も振り込まれていない状態だったのですが、以下のような広告掲載の実績を提出したところ、事業実績として認めてもらえました。具体的に活動していることがわかればよい、ということが言えそうです。

【インターネット広告事業の実績資料の例】

以下は、ASPというインターネット広告を仲介するサービスの管理画面です。

収益化のハードルが低い事業を行うメリットは他にもある(本ブログ管理人の法人を例に説明)

本記事では、収益化のハードルが低い事業として、インターネット広告事業をご紹介しました。

法人の口座を開設する上で必要となる「事業の実態や実績をつくるための方法」としてご紹介しましたが、ほかにも以下のようなメリットがあります。

収益化のハードルが低い事業を行うメリット
  • 本命の事業の収益化に時間が必要である場合に、少ないとしても短期で収益を得られる事業を持っておくことで会社が安定する
  • 本命の事業以外の事業を行うことで、相乗効果が得られる可能性がある

例えば、私が設立した法人を例にすると、事業目的は以下の3つを柱にしています。

  1. インターネット広告事業
  2. 不動産賃貸事業
  3. 金融商品等の売買および付随する事業

法人設立のキッカケとしては、自分の資産を運用する法人を作ろうと考えたからなのですが、事前に調べてみたところでは、FX・株・仮想通貨の売買をメインにした事業では銀行からの信頼を得ることが難しそうだと思い、インターネット広告事業を事業目的の1番目に持ってきました。

当初は考えていなかった「ハードルの低い事業」で事業の実績を作ることで、銀行口座の開設ができたことに加えて、以下のように3つの事業が相互作用を発揮できることに気が付きました。

  • 資産運用を実践して得られたノウハウをブログで発信できる
  • 不動産賃貸事業を実践して得られたノウハウをブログで発信できる
  • ブログやメディアが成長したら、例えば経営している賃貸物件の借主の募集をすることもできる

以上のように、収益化のハードルが低そうな事業を用意しておくと、いろいろなメリットがある、ということがご理解いただけたと思います。

管理人ヤギ

定款には、将来的に取り組みたい事業内容を書いてOKなので、可能性がある事業は書いておいたほうがいいよ!!

まとめ

本記事では、資産管理法人のような銀行口座の開設が難しい事業の場合に、どのようにすれば銀行の審査に通るかということを書いてみました。

資産管理法人に限らず、口座開設の審査で苦戦している法人の場合には使える方法だと思いますので、諦めずにトライしていただければと思います。

まとめ

  • 銀行の口座を開設するには、法人としての信用が必要
  • 法人としての信用を示すには、事業の実績を作ること
  • 事業の実績をつくるには、収益化のハードルが低い事業をすること

▼法人決算を自分でやる方法については以下の記事をご覧ください。