投資信託

【投資信託】初心者でもわかる!株と投資信託の違いをイチから解説

「株式投資」は昔からある資産運用の選択肢ですが、最近は「投資信託」が良いという話も良く聞きます。

でも、「株式投資」と「投資信託」の違いや特徴について、詳しくわからないという方も多いのではないでしょうか。

本記事では、実際に投資を始める前に抑えておきたい、「株式投資」と「投資信託」の違いについてご紹介します。

「株式投資」と「投資信託」、どちらで投資をするか迷っている方はぜひご覧ください。

この記事でわかること
  • 投資信託の概要がわかる
  • 株式投資と投資信託の違いがわかる
  • どこの証券会社で購入すればよいかがわかる

投資信託の仕組みを理解しよう

まずは投資信託の仕組みから理解しましょう。

投資信託はどこで買えるの?

投資信託は、銀行や証券会社で購入することができる金融商品です。株式投資に比べて、少額から始めることができて、リスク管理も容易なので、初心者向きの投資商品と言えます。

投資信託の仕組み

投資信託は、大勢の投資家から資金を集めて、複数の株式や債券、不動産などで運用する仕組みのことを言います。この仕組みを指して「ファンド」と呼ばれることもあります。

私たち投資家は、投資信託の販売をする銀行や証券会社を通して、投資信託を購入することができます。投資信託の仕組みとお金の流れを表したものが下の図のようになります。

上図のように、投資家は証券会社や銀行にお金を預けて、自分の代わりに投信運用会社に資金を運用してもらうことになります。

投資信託は大きく分けると2種類ある

投資信託が投資家から集めた資金を投資する先はいろいろありますが、投資先によって以下のように分類できます。

株式投資信託 :株式に投資する投資信託(投資先に株を含むことができる)

公社債投資信託:債券などに投資する投資信託

本記事では、株式投資と投資信託の違いにスポットを当てているので、以降は単に「投資信託」と書いた場合、「株式投資信託」のことを指しているとお考え下さい。

株式投資信託とは?

株式投資信託とは、簡単に言うと「株式の詰め合わせ」のことです。いろいろな会社の株に少しずつ投資できるのが株式投資信託の最も大きな特徴といえます。

どのような株を袋に詰め合わせるかは、運用のプロである投資信託運用会社が決めていて、投資家は投資信託の目論見書をみて確認することができます。

株式投資と投資信託の違い

投資信託の仕組みがだいたい分かったところで、株式投資との違いについて比較してみます。

株式  投資信託
投資金額大きい小さい
運用リスク大きい小さい
運用の手間大きい小さい
手数料小さい大きい
投資スタイル短期売買長期保持
積立のしやすさ難しいかんたん

これらの違いについて、ひとつずつ確認していきましょう。

投資金額の大きさの違い

投資信託のメリットのひとつは、少額で投資できることです。投資信託は、たくさんの投資家から集めた資金でいろいろな株式を購入するので、100円、500円といった少額から投資を始めることができます。

その一方で、株式投資は個人の投資家が株を1単元(売買の単位)から購入するので、例えばA社の株式を購入したいとき、1株1000円、1単元100株の場合、最低でも10万円必要になります。

初心者に限らず全ての投資家にとって、投資を少額から始められることは大きなメリットと言えます。

運用リスクの大きさの違い

一般的に、投資先が増えるほどリスクは小さくなります

投資信託の仕組みの部分でご紹介しましたが、投資信託はいろいろな会社の株式の詰め合わせなので、自動的に複数の投資先に分散投資することができ、その結果として個別の株式投資に比べてリスクが小さくなります。

分散投資できる投資信託は、株や債券の価格が下落した時のダメージを抑えることができるので、大切な資金を守りつつ、長期にわたって投資を続けていくのに向いています。

運用の手間の大きさの違い

投資信託は専門的な知識や運用の手間が必要なく、初心者にとって始めやすく、失敗しにくい投資方法であると言えます。

株式投資と投資信託、それぞれの場合について見てみましょう。

株式投資の場合は、投資家自身が自分で投資先となる会社の業績をチェックしたり、業界全体や会社のニュースをチェックしつつ株式を売買する必要があるため、運用の手間がかかります。また、どのような情報が株価にどのような影響を与えるかという知識も必要になります。

一方で投資信託の場合は、そういった運用業務を投資信託の運用会社が代行してくれるので、投資家は何もする必要がありません

手数料の大きさの違い

投資信託には主に3つの手数料があります。

  1. 販売手数料  :投資信託の購入時の手数料、購入時のみ
  2. 信託財産留保額:投資信託の売却時の手数料、売却時のみ
  3. 信託報酬   :投資信託の運用中の手数料、毎年かかる

各手数料は購入する投資信託によって大きく変わりますが、購入する価値のある投資信託は、基本的に①と②がノーロード(手数料無料)のもの、③の毎年かかる信託報酬は0.2%/年か、それ以下のものに限られます。

一方、株式投資の場合は、証券会社や購入する株の金額によりますが、一般的に手数料が安いネット証券でも50万円の購入に対して数百円かかります。

手数料に関しては、株式投資・投資信託のどちらが良い・悪いとも言えませんが、投資信託を長期で運用する場合には、投資信託報酬が小さい商品を選ぶべきです。

投資スタイルの違い

株式投資の場合は、投資スタイルは様々なので一概に言えませんが、個別の会社の業績や将来性をよく吟味したうえで投資するので、投資による損益が大きくなりやすいため、臨機応変に売買する必要があります。

一方で、投資信託の場合は、多くの株式に分散投資することで、市場全体の成長から得られる利益を受け取ります。そして、その利益を再投資することで複利効果を利用して資産を大きくする狙いがあります。投資信託は、長期で運用するのに向いています

以上のような違いから、株式投資は短期~中期での運用、投資信託は長期での運用という投資スタイルになる傾向があります。

積立のしやすさ

株式投資は、少額での投資が難しいため、基本的には毎月決まった額を積み立てるような投資には向いていません。

一方で、投資信託は少額から投資できるため、毎月決まった額を積み立てていくという投資方法を選ぶことができます。長期にわたって無理のない金額を投資に回していくことで、10年後、20年後には気が付けば大きな金額に育っているというのは、おそらく全ての個人投資家にとって、最も堅実で失敗しにくい投資方法と言えます。

初心者を含めた全ての個人投資家におすすめなのは、投資信託

株式投資と投資信託の比較でみてきたように、投資信託にはメリットがいっぱいあります。投資初心者に限らず、すべての個人投資家にとって最良の資産運用の選択肢のひとつが投資信託であると言えます。

ここで言う投資信託とは、市場の全体の株価に連動するようなインデックス型の投資信託のことです。インデックス型の投資信託よりも良い運用成績を目指して金融のプロが運用するアクティブ型の投資信託のほとんどが、インデックス型の投資信託の成績を超えられないという歴史的な現実を見ても、個別の株式投資で素人が勝つ見込みがないことは明らかです。

投資信託は、どこで購入すればよいか?

投資信託は、銀行や証券会社で購入することができますが、必ずネット証券で口座を開いて購入するようにしましょう。

実店舗のある銀行や証券会社の窓口でも購入できますが、絶対にそんなところで購入してはいけません。なぜなら、そういった店舗や銀行員・販売員にかかるコストが投資信託のコストに上乗せされるからです。

それでは、ネット証券のどこを選べばよいかということになりますが、SBI証券か楽天証券のどちらかを選んでおけば問題ありません。どうせなら、両方の口座を開いておくことをおすすめします。

SBI証券と楽天証券が良い理由を簡単にご説明すると以下の2点があります。

①商品の種類が豊富で手数料も最安水準

SBI証券も楽天証券も大手なので、商品も手数料も業界トップクラスで甲乙つけがたいです。当面この状況は変わらないと思われます。

②ネット銀行と連携できる

SBI証券なら住信SBIネット銀行、楽天証券なら楽天銀行と連携することによって、便利でお得な仕組みが沢山用意されています。

そして、投資信託を積み立てで運用するなら、「iDeCo」か「つみたてNISA」という制度を活用しましょう。

まとめ

本記事では、株式投資と投資信託の違いをご紹介しました。

投資信託のメリットばかりを強調してしまいましたが、投資信託に慣れてきてから自分の好きな会社の株式を購入したり、優待券目当てに株式を購入してみるという流れでも良いいかもしれません。

現時点で何も資産運用をしていないなら、まずは投資信託から始めてみましょう。

まとめ

  • 投資信託は、株式の詰め合わせである
  • 投資信託は、全ての個人投資家にとって最良の選択肢のひとつ
  • 投資信託は、手数料の安いインデックス型を選ぼう
  • 投資信託を購入するなら、SBI証券か楽天証券にしよう
  • 投資信託を購入するなら、「iDeCo」か「つみたてNISA」を活用しよう