資産管理会社

【資産管理会社】素人が法人決算を自分でやる方法とおすすめ会計ソフト

資産管理法人を設立したら法人決算をする必要がありますが、税理士に依頼すると数十万円かかってしまいます。

もし法人として十分な利益がない時期だとしたら、数十万円の税理士費用を捻出するのも難しいのではないでしょうか。

そんなときは、自分で法人決算をして費用を節約してみてはいかがでしょうか。

管理人ヤギ

法人決算の税理士費用って結構かかるなぁ・・・利益が充分に出るまでは、なんとか自分でやれないかな?

本記事では、本ブログ管理人の経験をもとに、法人決算を自分でおこなうための解決策を具体的にご紹介します。

※なお、本記事の内容は私個人の判断で実施しているものですので、みなさますべてに当てはまることを保証するものではありません。最終的には各自ご判断ください。

本記事の対象読者

  • 自分で法人決算をやってみたい
  • おすすめの会計ソフトが知りたい

法人設立から第1期決算までに行う会計処理

本ブログ管理人の資産管理会社は、2018年8月に設立しましたので、2019年7月末で2018年度の決算となります。

第1期の決算処理を終えて、申告書類の提出をすることができましたので、実際にやったことについてご説明します。

日常の業務としてやっておくこと

会計ソフトを使用して、日々の仕訳を入力します。

わたしの場合は資産運用をメインにしているので、基本的には以下のような仕訳がほどんどです。

  • 月次の収益計算と仕訳
  • 経費が発生したタイミングでの伝票作成と仕訳
  • 銀行や証券・FX会社等の口座間の資金の移動の仕訳
管理人ヤギ

仕訳はため込まないで、日常的にやっておこう!!

決算時の業務としてやること

会計ソフトを使って処理をすすめれば、専門知識が無くてもだいたい何とかなるのですが、ひとつだけ問題あります。

それは、会計ソフトでは「税務申告書を作成できない」ということです。

税務申告書とは、法人の決算情報をもとに、いくら税金を支払うかを計算した書類のことです。

そのため、会計ソフトのほかに、税務申告書を作成できる別のソフト(全力法人税など)を組み合わせて提出書類をそろえる必要があります。

わたしが今回の決算で行った処理の流れは、以下の3ステップになります。

  1. 弥生会計」で決算書を用意する※確定法人税等の仕訳以外の処理がすべて終わっている状態
  2. 全力法人税」で法人税と地方税の申告書を作成する
  3. 全力法人税」で表示される法人税、事業税及び住民税の確定税額の仕訳を「弥生会計」に登録して決算を確定する
管理人ヤギ

会計ソフトの指示に従って進めていけば、決算処理は何とかなるよ!!

最低限必要な会計知識は?

会社の会計処理は税理士の独占業務ではありませんので、素人の私たちが勉強しながらやっても良いはずです。

ですから、初めから完璧にできる必要はなく、勉強しながらすすめればよいのです。

ただし、全く知識がないと普段の仕訳処理すらおぼつかないので、最低限の知識として日商簿記3級くらいは勉強しておいた方が良さそうです。

それでも分からないところがたくさん出てくるので、会計ソフトのサポートに問い合わせしてみたり、ネットで調べならやっていく必要があります。

仮に申告内容を間違えて税務署に間違いを指摘されたら、真摯に受け止めて間違いを修正して申告しなおせばよいだけです。

もし、そういった努力をしたくないということであれば、素直に税理士に費用を支払ってお願いするのがよいでしょう。

管理人ヤギ

事業でガンガン稼げるなら、自分で決算処理をやるより、税理士に依頼した方が合理的な選択だと思うよ!!

法人決算に使えるおすすめの会計ソフトと費用

わたしが実際に使っている会計ソフトをご紹介します。

会計ソフトは「弥生会計」と「freee」がおすすめ

個人で確定申告をしているときから、弥生会計にお世話になっていますので、わたしは使い慣れた弥生会計の法人版を使っています。

法人用の弥生会計は、サポートの有無によって、26,000円/年のプラン30,000円/年のプランがあります。

他には有名な法人向け会計ソフトで「freee」がありますが、ベーシックプランが47,760円/年となっています。

どちらも全力法人税と連携することができるので、安心して利用できます。

税務申告書の作成ソフトは、全力法人税がおすすめ

さきほどご説明したように、会計ソフトでは税務署に申告する書類「税務申告書」を作成できません。

そのため、弥生会計やfreeeなどの決算データをもとに、ジャパネックス社の「全力法人税」を使って税務申告書を作成しましょう。

「会計ソフト」から出力した決算データを「税務申告書作成ソフト」に入力することで、決算処理が完結する。

会計ソフトの利用コスト試算【初年度、2年目以降】

税務申告書作成ソフト「全力法人税」が対応している会計ソフトには、弥生会計や会計freeeなどがありますので、以下のように組み合わせて使いましょう。

全力法人税の使用料金は、初年度は19,800円/年、2年目以降は10,000円/年となっています。

弥生会計オンラインと全力法人税の組み合わせだと、以下のような費用になります。

初年度2年目以降
弥生会計0円30,000円
全力法人税19,800円10,000円
合計19,800円40,000円

弥生会計は、初年度は無料で利用できましたので、キャンペーンがあれば利用するようにしましょう。

税理士にお願いしたら20~30万円くらいかかりそうですが、自分でやることでだいぶ安く済みまました。

管理人ヤギ

数万円のソフト利用料で済むなら、税理士に依頼するよりだいぶ安上がりだね!!

提出する書類の種類と提出先

書類の提出先は以下のようになります。郵送でも構いませんが、内容に不安がある場合は、持参して係員に確認してもらいましょう。

わからない部分は、ソフトのサポートに問い合わせたり、ネットで調べることで大半は解決できました。

税務署
決算書、法人税申告書別表および内訳書、消費税申告書、法人事業概況説明書 (決算書を必ず添付する必要があります)

都道府県民税事務所
事業税、地方法人特別税および法人住民税の確定申告書(第六号様式)および第六号様式別表九など

市町村民役場
法人住民税の確定申告書(第二十号様式

管理人ヤギ

書類を受理してもらったときは、小さくガッツポーズしたよ!

つまづきやすい部分・注意事項

「未払法人税等の道府県民税・事業税の金額と別表5⑴の未納道府県民税の値が一致しない」ので注意しましょう。

全力法人税のコチラのQAにあるように、「別表5⑴の未納道府県民税の当期発生の確定税額」には、「事業税」と「地方法人特別税」が含まれていません。

その結果、別表五の「納税充当金」と「未納法人税等」の額が一致していないように見えますが問題ありません。

まとめ

本記事では、資産管理会社の決算処理を自分自身でやる方法についてご説明しました。

自分で調べながら決算処理をしていると、普段の仕訳の間違いに気が付くということもあるので勉強になります。

法人の収益が少ないうちは、自分でやってみることをおすすめします。

  • 会計ソフト 【法人向け】弥生会計(オンライン)全力法人税の組み合わせなら、会計素人の本ブログ管理人でも決算処理ができた
  • 簿記の知識は3級くらいまで勉強、実務は調べながらやる
  • 初めから完璧を目指さない、税務署に指摘されたら修正するスタンス

▼資産管理法人で銀行口座を開設するコツはコチラの記事をご覧ください。