節約する

【最大3.5%還元】魔法のカード”Kyash”とおススメのクレジットカードをご紹介

普段クレジットカードを利用されている方は多いと思いますが、クレジットカードを選ぶポイントはどこでしょうか?

利用できる店舗の数、海外旅行保険の付帯、空港のラウンジ利用サービスなど、クレジットカードには特典がいっぱいあります。

多分もっとも気になるのが、クレジットカードのポイント還元率ではないでしょうか。

通常のクレジットカードの利用方法だと、ポイント還元率は0.5%~1.0%くらまでがほとんどです。

ところが、本記事でご紹介する方法だと、ほとんど手間をかけずに最大3.5%の還元を受けることができてしまうんです。

1年間で100万円分をクレジットカードで決済すると、2~3万円くらいの違いが出てきますので、大きな違いですね。

ご興味のある方はぜひご覧ください。

この記事でわかること
  • 2%キャッシュバックされる”Kyash”の特徴と注意点
  • Kyashと組み合わせるおススメのクレジットカード

まずは、3.5%還元の仕組みをご説明します

本記事でわたしがおススメしたいのは、以下の組み合わせでポイントを2重取りする方法です。

ウォレットアプリ ”Kyash(キャッシュ)” で2%還元

+ 

クレジットカード最大1.5%還元

世の中には、ポイントの3重取りや4重取りなどの方法が紹介されていますが、手間がかかる割に利用できるケースが限られていることも多くおススメしません。

でも、ウォレットアプリ”Kyash”とクレジットカードのポイント2重取りなら、手間がほとんどないのにとても効果が大きいので、Kyashを使わない手はないと思います。

ウォレットアプリKyash(キャッシュ)の使い方

そんな超お得なKyashですが、支払い方法が面倒だと使わなくなっちゃうんですよね。

大丈夫です。

使い方もバッチリ簡単です。というよりも、クレジットカードと同じように使えます。

Kyashを利用したときの支払いの流れを以下に書いてみました。

Kyashを利用した支払いの流れ
  1. お店で支払いの際にクレジットカードとしてKyashを提示
  2. 店員さんがクレジットカードとして決済処理
  3. Kyashに登録したクレジットカードからKyashに自動チャージ
  4. 通常通りクレジットカードの銀行口座から引き落とし

上に書いたようにKyashで支払いをしたとき、実際の決済の処理は下の図のよう行われます。

これまで使っていたクレジットカードの代わりにKyashをお店に提示するだけ、Kyashに残高がなければ不足している分だけ、登録したクレジットカードから自動的にチャージされますので、手間がかかりません。

その結果、クレジットカードのポイントとKyashのキャッシュバックの還元率があわせて最大3.5%になります。

利用者は、Kyashを普通のクレジットカードとして使うだけなので、スマホのKyashアプリにクレジットカードを登録するだけで、買い物が2%もお得になるわけです。

ウォレットアプリKyash(キャッシュ)の特徴

利用金額の2%キャッシュバックを受けられる

ウォレットアプリKyashを利用するだけで、自動的に2%のキャッシュバックを受けることができますから利用しない手はありません。

「ウォレットアプリ”Kyash”って何?、聞いたことないし怪しすぎるでしょ」なんて思いますか?

信用できないという方は、こちらの公式ページをご覧ください。

出資会社をご覧いただければわかる通り、そうそうたる有名企業が並んでいるので決して詐欺などではなく、安心して利用できるサービスだと理解していただけるでしょう。

【 主な出資会社】

三井住友銀行、伊藤忠商事、ジャフコ、電通デジタル・ホールディングス、みずほキャピタル、SMBCベンチャーキャピタル、etc.

Kyashの使い方

今度は、Kyashスマホアプリの使い方について簡単に説明しましょう。

上のの説明では、Kyashのことをウォレットアプリと書きましたが、簡単に言うとクレジットカードからチャージできるカードだと考えてください。

Kyashに自分のクレジットカードを登録しておくだけで、Kyashの支払いのタイミングで、要な金額の分だけ自動的にクレジットカードから決済されます。

つまり、Kyashはお店で買い物するときにクレジットカードとして提示しますが、実際の支払いはKyashを素通りして、Kyashアプリに登録したクレジットカードの方で決済されるようなイメージです。

下の図のようにKyashのスマホアプリ上でクレジットカードを登録するだけでよくて、Kyashで利用した決済履歴はいつでもアプリで確認できる便利さです。

Kyashの制限事項

超便利なKyashにも弱点がありますので、ここでご説明します。

Kyashは物理的にカードを発行せずにバーチャルなカードとしても利用できるのですが、それぞれ以下のような制限事項があります。

Kyashの制限事項

【リアルカード有効化済みの場合の限度額】

  • 24時間あたりの利用限度額は5万円以下 
  • 1回あたりの利用限度額は5万円以下
  • 1ヶ月間での利用限度額は12万円まで
  • 有効期限内の利用限度額は100万円

※1ヶ月間=1日から末日まで

※有効期限内での利用が100万円を超える場合はカードの更新が必要(カードの更新はスマホアプリ上で簡単に再発行依頼できます)

【キャッシュバック対象外の取引の例】

  • WAON/nanaco/楽天Edyなどへのチャージ
  • 交通系電子マネーへのチャージ
  • 公共料金の支払い、定額サービスの料金の支払い
  • 航空チケットの支払い
  • などなど・・

現金に相当するポイントチャージや税金・公共料金の支払い、定額制サービスへの支払いは、Kyashでは基本的に支払いできません。

個人的には、バーチャルカードは制限が厳しいので、リアルカードを使うことをおススメします。

制限事項について詳しく知りたい方は、こちらの公式ページをご覧ください。

「AmazonギフトカードやOrigamiPayなどと組み合わせる」という更にお得な裏技もありますから、使い方の研究の余地はまだまだあります。

登録するクレジットカードの比較

さて、Kyashの利用は決まりとして、次はKyashに登録するクレジットカードを何にするかです。

結論から言うと、普段利用しているお気に入りのカードがあれば、それを登録してもよいのですが、ここでは少し還元率や特典にこだわってみたいと思います。

まずは還元率が高いクレジットカードを比較して、メリットとデメリットを比較してみましょう。

クレジットカードの比較(VISAカード)

Kyashにクレジットカード登録できるのは、VISAカードかMasterCardに限られます。

そのため、今回はVISAカードで年会費や還元率、その他のおすすめポイントをまとめました。

クレジットカードの標準の還元率は良くてだいたい1.0%なので、あとは自分の生活スタイルに合わせて好きなカードを選ぶのがよいと思います。

特定の店舗や期間だけでポイント還元率が高いカードは、実際あまりポイントがたまりませんのでお勧めしません。

     年会費標準還元率おすすめポイント
dカード初年度無料1.00%・NTTドコモのカード
・ 初年度年会費は無料
・ 年1回の利用で次年度も無料
・ 通常還元率1%
・ ローソンでの利用は3%オフ
ビックカメラ
Suicaカード

初年度
無料
1.00%・Suicaユーザー向け
・初年度年会費無料
・ 年1回の利用で次年度も無料
・モバイルSuicaの年会費無料
・通常還元率1%
・Suicaチャージは還元率が1.5%
楽天カード永年
無料
1.00%・楽天ユーザーにおすすめ
・通常還元率1%
・楽天市場や楽天ブックスで還元率が3.0%以上
・楽天ポイントカードやEdyと併用で1.5~2.0%
エポスカードゴールド5,000円0.5%~1.5%
※年間利用額による
・海外旅行好きにおすすめ
・自動付帯の海外旅行保険
・利用金額50万円/年で年会費永年無料
・還元率は利用金額に応じて最大1.5%

個人的におすすめはエポスカードゴールド

いままで私が使っていた JCBのJALカードは、Kyashには登録できませんので、今回のタイミングで解約してしまいました。

代わりに作ったVISAカードが「エポスカードゴールド」です。

年間50万円使えば、ゴールドなのに年会費が永年無料になる

ゴールドカードなので年会費は5,000円なのですが、年間50万円の利用額を超えると次年度以降は年会費がずーっと無料になります。

仮に将来使わなくなって放っておいたとしても、うっかり年会費だけ請求が来てしまうようなこともありませんので安心ですね。

クレジットカードで50万円使うのって実はハードルがかなり低くて、例えば、電気・ガス・水道・インターネット・スマホ・スーパーマーケットで買う食品・・・これらを足しただけでほとんどの人は年間50万円は超えるはずです。

さらに、Tポイントなどの店舗独自のポイントがつけば、ポイントの3重取りになりますね。

年間100万円の利用で実質1.5%のポイント還元率になる

通常の0.5%のポイント還元に加えて、年間100万円の利用で1万ポイント(1.0%)追加でゲットできます。

つまり、年間100万円利用すると、ポイント還元率が1.5%になります。

家族4人くらいいれば、生活費だけでも100万円の利用に届きそうですし、一人暮らしでも会社の同僚との飲み会の時にまとめてカードで支払ったりすれば、案外100万円のハードルは高くないですよ。

カードの審査が早い(最短で審査申し込み当日に店頭で受取りも)

驚くことに、インターネットで審査の申し込み当日にカード受取りも可能です。

インターネットで審査を簡単に申し込めて、即日にメールで審査結果が届くので、全国のマルイの店舗で当日に受け取りに行ってもよいし、もちろん郵送で自宅に送付してもらうこともできます。

わたしが申し込んだときは、早朝に審査を申し込んだところ、当日昼くらいに審査結果が届き、夕方にマルイのカード申し込みエリアでカードを受け取ることができました。

自動付帯の海外旅行保険が使える

クレジットカードの海外旅行の保険って、いざというときに当てにならないという話をよく耳にしませんか?

多くの場合、それは半分は正しくて、半分はクレジットカードの利用者側の理解不足から来ています。

よくある海外旅行保険の例を見てみましょう。

【 年会費無料クレジットカードの海外旅行保険の例】

  • 利用付帯になっている(航空券などの代金を決済した場合のみ保険が適用される)
  • 利用する可能性が低い障害死亡補償のみが高額補償
  • 利用する可能性が高い疾病・傷害治療がついてない
  • 利用する可能性が高い疾病・障害治療の限度額が低い

こういった海外旅行保険は、『利用付帯』といって、旅行代金をこのカードで決済することが保険適用の前提であったり、補償の金額も実際の必要に見合わないものだったりします。

クレジットカードの利用者も保険の内容を理解しておくべきです。

しかし、一方でエポスカードゴールドの『自動付帯』はカードを持っているだけで適用されますから、いざというときに保険を使えないということがありませんし、傷害・疾病治療費用の限度額もクレジットカードの特典にしては高い方だと思います。

【エポスカードゴールドの自動付帯の海外旅行保険】※2019年8月6日現在

傷害治療費用
1事故の限度額
300万円
疾病治療費用
1疾病の限度額
300万円
賠償責任(免責なし)
1事故の限度額
2,000万円
救援者費用
1旅行・保険期間中の限度額
100万円
携行品損害(免責3,000円)
1旅行・保険期間中の限度額
20万円

選べるポイントアップショップでポイントが3倍になるのでKyashの弱点を補える

エポスカードには、お気に入りのショップを登録しておくとポイントが3倍になる仕組みがありますので、ポイント還元率が1.5%になります。

私の場合は、Kyashでの支払いができない支払い先をお気に入りのショップに登録しておくことで、Kyashの弱点を補うようにしています。

  • 東京ガスでの電気・ガスの支払い
  • モバイルSuicaへのチャージ
  • パソコンなどKyashの限度額を超える高額な支払い

他にも空港ラウンジが使えたり、ホテル予約サイトの利用で10倍ポイントをもらえたり、いろいろ特典はあるのですが、エポスの回し者だと思われそうなので止めておきます。

エポスカードを作りたい場合は、こちらのリンクからどうぞ。

まとめ

3.5%収入をアップすることは簡単ではありませんが、Kyashとクレジットカードを合わせて利用することで、簡単に最大3.5%もお得になることがお分かりいただけたと思います。

ひとりでも多くの方に使ってみていだければ幸いです。

まとめ

  • Kyashは通常のクレジットカードと同じように使える
  • Kyashを使うと利用金額の2%のキャッシュバックを受けられる
  • Kyashに普段利用しているクレジットカードを登録すればポイントの2重取りができる
  • Kyashにクレジットカードを登録すれば、決済金額だけ自動的にチャージされるので手間いらず
  • Kyashは利用額や利用できる買い物に制限がある