コラム

【コラム】個人向け国債は買うな!ネット銀行の普通預金の方が金利が高い!

銀行に預けていても金利が低いから利息が付かないし、かといって株に投資すると元本が減ってしまうかもしれない。

そんなときに、元本保証された安全に資産運用できる金融商品として選択肢になるのが「個人向け国債」です。

資産運用の書籍にもそのように紹介されています。

でも、ちょっと待ってください

実はネット銀行の中には、個人向け国債の利率を超える金利の銀行がいくつもありますし、普通預金なのでいつでも資金を利用できます。さらにATM・他行振り込み手数料無料などの特典もあることを考えるとお得になります。

個人向け国債での資産運用を考えている方は、ネット銀行の利用を検討されることをおすすめします。

ご興味のある方は、ぜひご覧ください。

この記事でわかること
  • 個人向け国債の最近の利率は0.05%であること
  • ネット銀行の普通預金の利率が0.1%以上のものがあること
  • ネット銀行でおすすめなのは楽天銀行であること

個人向け国債とは?

簡単に言うと国にお金を貸すことで、年2回の利子を受け取ることができる金融商品です。

商品の種類としては以下の3種類がありますが、どれも税引き前の最低利率は0.05%に設定されています。

【償還まで利率が変わらない

  •  「期間3年・固定金利型(固定・3年)」
  •  「期間5年・固定金利型(固定・5年)」

実勢金利の動きに応じて半年毎に適用利率が変わる】

  •   「期間10年・変動金利型(変動・10年)」

個人向け国債の特徴とは?

個人向け国債の特徴としては、以下のようなものがあります。

途中で換金することもできますが、直近の利子の支払い分がもっていかれてしまいますので不利になります。※元本を割ることはありません

個人向け国債の特徴
  • 元本が保証される ※国が発行しているのでリスクが低い
  • 年2回利子が受取れる
  • 1万円から購入できる
  • 途中で換金できる ※ただし直近2回分の利子の支払いが必要

個人向け国債の利回りは年0.05%に張り付いている

税引き前の最低利率が0.05%に設定されていますが、実際の利率は国債の入札状況によって変わってきます。

実際に過去には、年利1%を超えていたこともあります。

ですが、2016年以降の利率は「期間10年・変動金利型(変動・10年)」でさえ、 ほぼ最低利率の0.05%に張り付いている状況です。

しかも、日本の政策を考えてもしばらくは金利が上昇する見込みはなさそうですから、今後もこの最低利率0.05%が続くと予想されます。

利率0.05%ということは、100万円分の個人向け国債を購入して1年間運用しても、たったの500円の利息ということになります。

このような資産運用をしていては確実に損をしてしまいますので、個人向け国債の購入を検討されているかたは、ぜひ再検討することをおすすめします。

過去の個人向け国債の利率は、コチラのSMBC日興証券でご確認できます。

ネット銀行の普通預金の利回りはどのくらいか?

一般的なリアル店舗を持っている銀行、例えば三井住友銀行・みずほ銀行・三菱UFJ銀行などのメガバンクの普通預金の利息は、2019年8月現在ではおよそ0.001%くらいになっています。

その一方で、ネット銀行の普通預金の利回りは0.1%以上のものがいくつもあります。実際に普通預金金利の利率の高いネット銀行をいくつか見てみましょう。

【普通預金適用金利の高いネット銀行】2019年8月

銀行名 普通預金適用金利(年%)適用条件
あおぞら銀行年0.2%(税引き前)普通預金(BANK支店専用)
イオン銀行年0.15%(税引き前)イオン銀行Myステージ特典
プラチナステージ
楽天銀行年0.1%(税引き前)楽天証券マネーブリッジ連携

それぞれのネット銀行について、少し補足説明をします。

【あおぞら銀行】

破格ともいえる年0.2%の利息の適用条件は、 店舗を持たない「インターネット上のバーチャル支店BANKの口座に預けるということだけ」なので条件のハードルは低いです。

定期預金の場合はさらに年0.25%で運用することもできます。(2019年8月時点)

【イオン銀行】

イオン銀行は、Myステージ特典というランクシステムがあり、ランクが上がると金利などのサービスの優遇を受けられる仕組みになっています。上の表は、最高ランクのプラチナステージでの優遇金利です。

ランクが上がると、ATMや振り込みを手数料無料で利用できる回数が増えていきますので、普通預金の金利以上にそちらのほうがメリットがあるかもしれません。

ただし、プラチナステージを達成するには、いろいろなサービスの利用が必要なので、ハードルが高いです。

Myステージ特典の詳細は、コチラのイオン銀行のウェブサイトでご確認ください。

【楽天銀行】

楽天銀行の金利適用条件は、楽天証券の口座を開いて「マネーブリッジ」という口座連携サービスに申し込むだけです。

マネーブリッジで楽天銀行と楽天証券の口座を連携すると、証券口座で投資するときに資金が不足した分を銀行口座から自動的に資金を移動してくれたり、その逆に銀行口座から証券口座の残高を確認できるなどの便利な機能が使えるようになります。

資産運用をすることを考えているならマネーブリッジを利用した方が便利なくらいなので、0.1%の金利を得るために何らハードルはありません

また、100万円程度の普通預金預け入れがあれば、ATM手数料5回無料/月、他行振り込み手数料3回無料/月などの特典も受けられるので、総合的には「あおぞら銀行」よりも有利になってくると思います。

おすすめのネット銀行は?

本記事を書いている時点では、普通預金の利率だけを見ると「あおぞら銀行」のネットバンク支店で年0.2%の利息がお得です。

普通預金の利率やATM手数料・他行振り込み手数料無料という特典まで総合的に考えると「楽天銀行」がお得になってくると思います。

まとめ

本記事では、「個人向け国債での運用メリットの少なさ」と「ネット銀行の利用価値の高さ」についてご紹介しました。

ネット銀行にご興味があるかたは、この機会にぜひご検討ください。

記載した金利の利率やサービス内容に関しては、記事を執筆した2019年8月におけるものなので、ご契約の際は再度ご確認ください。

まとめ

  • 個人向け国債よりもネット銀行の普通預金の方が、利息が高いケースが多い
  • 普通預金ならばいつでも資金を引き出せる・運用できる
  • ネット銀行でおすすめは、金利と手数料無料特典を考えると楽天銀行