節約する

NHKの受信契約を解約する方法と注意点

先日のコチラの記事で、自分の1日の時間の使い方を見直しました。

その結果、テレビを見ることをやめました。

テレビも不要になってしまったことで、NHKの受信料も支払う必要がなくなりましたので、これを機にNHKの受信契約を解約することにしました。

ネットで調べてみると、NHKの解約手続きが面倒だという書き込みが多かったのですが、思っていたよりも簡単に解約できましたので、今回はその方法をご説明します。

NHKの解約をしたい方は是非ご覧ください。

この記事でわかること
  • NHKの受信契約を解約する方法
  • NHKの受信契約を解約するときの注意点

NHKの受信契約を解約するための条件は?

NHKの受信契約を解約する条件は、「テレビを受信できる設備を持っていない」ことです。

テレビを受信できる設備とは、テレビ本体・ワンセグ対応の携帯・チューナー内蔵のカーナビやPCなどです。

NHK解約の条件
  • テレビを受信できる設備を持っていないこと
  • それを証明できること

NHKの解約手続きの流れ

ネットで解約手続きができるでしょうか。

いいえ、できません。

NHKの受信契約を解除するには、「放送受信契約解約届」が必要になります。

しかも、コレ「放送受信契約解約届」、困ったことに電子データで配布していません。

ワザと解約しずらくしているとしか思えませんね。(# ゚Д゚)

「放送受信契約解約届」を入手するためには、NHKふれあいセンターに電話する必要があります。

ここで注意してほしいのは、オペレータに解約理由を聞かれますので、説明する理由をあらかじめ用意しておくことです。

NHKを見ないからという理由ではおそらく解約できません。

また、友人に譲ったなどの理由だと、譲った友人の個人情報とその友人のNHK契約情報を調べらるようです。

また、この場合は、自宅にテレビがないことを証明するものがないので、わざわざ家に確認しにくるという流れになるようです。

それが嫌であれば、テレビを処分してしまうのが確実に解約できる方法だと思います。

テレビが故障したので処分したり、不要になって家電中古ショップに売却する場合は、領収書などでテレビを処分したことを証明することが出来るので、簡単に解約できます。

※リサイクル券や売却時の領収書のコピーが必要なので捨てないでとっておきましょう

NHK解約のポイント
  • 解約理由をあらかじめ用意しておくこと

わたしが解約したときにやったこと

STEP1. テレビを処分する

テレビを処分するとき、主な選択肢は2つあります。

テレビをリサイクル処分する場合

テレビは家電リサイクル法の対象なので、粗大ごみで出すことはできません。

そのため、リサイクル券を購入して有料でリサイクルしてもらうことになります。

32型の液晶テレビだとメーカーや型番にもよりますが、リサイクル料が3000円程度かかり、家電量販店などで引き取ってもらう場合は、更に配送料として2000円程度かかります。

合計で5000円もしくは、それ以上かかることもあるので注意してください。

このときもらうリサイクル券の領収書は、受け取って保管しておきましょう。

テレビを売却処分する

テレビが故障していないなら、家電中古ショップで買い取ってもらえるかもしれませんので、ショップに確認してみましょう。

中古品としてテレビを買い取ってもらった場合は、リサイクル券はもらえませんので、買取時にお店にもらうレシートをとっておきましょう

レシートがないとNHKの解約がスムーズにいかないかもしれませんので、メルカリなどで売るよりも家電リサイクルショップで買い取ってもらった方が無難かもしれません。

私はテレビを家電リサイクルショップに売却しに行きました。

STEP2. NHKふれあいセンターに電話する

NHKふれあいセンターに電話しましょう。

フリーダイヤル 0120-151515
受付時間:午前9時~午後8時(土・日・祝日も受付)
     12月30日午後5時~1月3日はご利用いただけません。
受付内容:受信契約のお申し込み・ご転居の連絡

【電話で聞かれること】

  • NHKふれあいセンターのフリーダイヤルに電話すると、自動音声の案内が流れます。「解約する」という項目がありませんので、「その他のお手続き」を選択します。
  • しばらくすると、オペレータが出ますので、NHK受信契約を解除したい旨を伝えます。
  • オペレータに解約理由を聞かれますので、あらかじめ用意しておいた理由を伝えます。
  • 他にテレビの受信設備がないことを確認されます。
  • 本人確認のため電話番号・住所などを聞かれますので答えます。
  • テレビを処分したときの領収書にテレビの処分を示すことが買いてあるか聞かれます。
  • NHK営業所から2~3日後に連絡すると言われるので、都合の良い日時を伝えます。

NHKふれあいセンターはNHK本体ではないようなので、後日NHKの営業所から電話がかかってきますので待ちましょう。

STEP3. 後日のNHKの営業所からの電話に出る

指定した日時ぴったりに、担当者から電話がありました。

わたしのときは、ごく簡単なやりとりですみました。

【電話で聞かれること】

  • 解約の理由とレシートの記載について再度確認されます
  • 1週間ほどで解約の書類が郵送されると言われます
  • 解約届と一緒に領収書やレシートのコピーを同封するように指示されます

STEP4. 解約届を返信する

解約届と一緒に領収書などのコピーを同封して返信します。

以上で、NHK受信料の解約手続きは完了です。

まとめ

NHKの解約方法と注意点について、実際のやりとりを踏まえてまとめてみました。

NHKの解約方法は、多少手間がかかりますが、ネットの書き込みほど面倒なことはなかったので、テレビの処分とNHKの解約を検討してみてはどうでしょうか。

月額換算すると1000円以上の受信料が節約できるのはもちろんのこと、テレビを見なくなって時間な自由が増えるので、これまでできなかったことに挑戦してみるのもアリだと思います。

【NHK解約方法と注意点まとめ】

  • テレビ本体を処分するときは、リサイクル処分するよりも、中古ショップで買い取りしてもらう方がよい
  • 処分したことを示す領収書などを取っておく
  • NHKふれあいセンターに電話して解約届を送付してもらう
  • 解約届に必要事項を記入、領収書のコピーを添えて返送する