ロボアドバイザー

【ロボアドバイザー投資】ロボアド投資のメリットとデメリットを徹底解説

ロボアドバイザーとは、個人投資家に代わって人工知能(AI)が自動的に資産運用をしてくれるサービスのことです。

ここ最近、あらゆる場面で人工知能の活躍が目立つ中、資産運用の世界も人間の仕事が人工知能にとって代わられつつあります。しかも、人間よりもより効果的な仕事を低コストでやってのけるので、サービスが浸透していくスピードは目を見張るものがあります。

そのため、ロボアドバイザーが一体どんなサービスで、どのようなメリット・デメリットがあるのかよくわからないという方も多いと思います。

本記事では、資産運用サービス「ロボアドバイザー」について、メリットとデメリットを検討したいと思います。

本記事でわかること
  • ロボアドバイザーのサービス内容がわかる
  • ロボアドバイザーのメリットとデメリットがわかる

ロボアドバイザーとは?

ロボアドバイザーとは、個人投資家に代わって人工知能が自動的に資産運用してくれるサービスのことです。

ロボアドバイザーという名前の通り、人工知能が資産運用のアドバイスをしてくれます。

アドバイスとは主に以下の2つの業務のことを指していて、提案のみしてくれる「提案型」と、提案内容に沿って自動で運用もしてくれる「運用一任型」があります。

【ロボアドバイザーの主な業務】

  • 資産運用におけるポートフォリオの構築
  • 資産の管理(リバランス)

【ロボアドバイザーの種類】

  • 提案型・・・・上の業務の提案のみ、運用は投資家が自分でやる
  • 運用一任型・・提案に沿って、自動で運用もしてくれる

これらの業務自体は新しいものではなく、今までは証券会社の営業マンや資産運用系のファイナンシャルプランナーなどの人が行っていたものです。

ロボアドバイザーは、投資家が希望するリスク許容度や投資期間などのいくつかの設問の回答にあわせて、個人にあったアドバイスをしてくれます。

本記事では、「運用一任型のロボアドバイザーのメリットとデメリット」について検討していきます。

運用一任型のロボアドバイザーのメリット

低コストで自分に合った資産運用のアドバイスを受けられる

ロボアドバイザーの最大の特長は、これまで人間が担っていたアドバイス業務を人工知能により自動化することで、ネックとなっていた運用コストを削減できることです。

しかも、これまで業務としてアドバイスをしていた証券会社の営業マンやファイナンシャルプランナーなどの人間の場合は、人によって知識やアドバイスの内容に偏りが出てきますが、人工知能であればアドバイスの質も均一になってより安心して使えます。

資産運用の知識が無くても始められる

事前にいくつかの質問に回答をすると、ロボアドバイザーが個人の考え方や目標にあった投資方針を提案してくれます。そのため、資産運用の知識が無くても、資産運用を自動で行うことが出来るのが、ロボアドバイザーのメリットです。

ロボアドバイザーの提案に従って、ほったらかしてさえいれば、「利益が出たのに気分を良くして大きなリスクを取りすぎてしまう」、その逆に「一時的な損失に怖くなって途中で投資をやめてしまう」といった失敗をしなくて済むわけです。

運用一任型のロボアドバイザーなら、運用の手間がかからない

運用一任型のロボアドバイザーなら、一度決めた運用方針に従って、「自動的に積み立て」「自動で売買して資産のバランス調整」をしてくれますので、自分で運用するのに比べて手間がかからないのが特徴です。

そのため、自分で運用をする必要はなくなります。ただし、運用一任型のロボアドバイザーは、提案型のロボアドバイザーと違って、運用するための管理手数料などのコストがかかってきます。

運用一任型のロボアドバイザーのデメリット

自分で投資信託で運用するのに比べると運用コストが高い

運用一任型のロボアドバイザーの運用コストは、自分で投資信託を購入して運用するのに比べると、運用コストが高くなる、というのが最大のデメリットです。

それを理解するには、ロボアドバイザーの運用コストの内容を知る必要があります。

ロボアドバイザーの運用コストは、各社が提供しているサービスによって差がありますが、コストには主に2種類あります。

  1. 投資信託報酬・・・投資する投資信託に掛かる信託報酬
  2. サービス手数料・・ロボアドバイザーのサービスを利用する手数料

つまり、自分で投資信託を購入するならば上の①のみのコストで済むところを、ロボアドバイザーを利用することで②のコストもかかるわけです。

例えば、ロボアドバイザーの「THEO」の場合を例にとると、サービス手数料が運用資産の1%かかるのに加えて、別途ETF自体の信託報酬を負担する必要があることがわかります。

▼THEOの場合の記述では以下のようになっています

なお、組入ETFが直接間接に負担する運用報酬、売買手数料等の費用につきましては間接的にご負担いただきます。これらの費用の合計額は銘柄、組入高等によって異なりますので、事前に料率または上限額を表示することができません。

出展:THEO公式サイト

しかしながら、ウェブサイトや雑誌でもこの2つの手数料のうちサービス手数料のみに触れていることが多いので、勘違いしないように注意してください。

注意!!

ロボアドバイザーは、投資するETFの信託報酬に加えて、1%程度のサービス手数料がかかります。

つまり、自分でETFや投資信託を購入して運用する場合に比べて、1%程度の余計な費用が掛かるということになります。

※ロボアドバイザーによっては、両方セットで1%程度のものもあるので、コストについては十分に確認しましょう

長期間投資することが前提と考えた方がよい

ロボアドバイザーの主な投資対象は投資信託です。例えば、株式の投資信託であれば、日本の株式市場全体の値動きに連動するものや、海外の株式市場に連動するものなどが代表的なもので、複数の会社の株式に分散投資できるというメリットがあります。

投資信託自体がそもそも分散投資された投資対象なのですが、株式などは短期で見ると値動きが大きいので、1年単位で見れば大きく含み損を抱えることもあります。そのため、メインの投資先となる株式の投資信託は、長期間運用し続けることで当初想定していた平均的なリターンに近づいていくという前提で運用すべき商品と言えます。

運用中の資金はいつでも引き出すことはできますが、一時的に運用資産が目減りしても我慢して資金を引き出さずに運用し続けることが重要になってきます。

ロボアドバイザーの使い方について

ロボアドバイザーの投資先の多くが、投資信託であることを考えると、自動運用してくれるメリットがある一方で、自分で運用する場合に比べるとコストが高くなるというデメリットがあります。

ロボアドバイザーのひとつの使い方として、「自分にあった運用方針を理解するために試しに利用してみる」というのもアリかもしれません。

そして、自分なりの資産運用のスタイルが見えてきたら、自分で投資信託の商品を選んで運用することでコストを削減すると、より効果的な資産運用ができます。

まとめ

本記事では、ロボアドバイザーのメリットとデメリットについて検討してみました。

ロボアドバイザーのメリットとデメリットは、資産運用を自動化してくれることである一方、自分で運用する場合に比べるとその分コストがかかるということになってきます。

サービスの内容とコストの費用対効果を考えて、使い分けていきたいところですね。

まとめ

  • ロボアドバイザーは、知識が無くても自動で資産運用ができる
  • ロボアドバイザーは、自分で資産運用をするよりもコストがかかる
  • 自分に合った運用方針を理解するために試しに利用してみるとよいかもしれない